ニュース

2015/12/08【学長室総合企画課】3センター合同事業ワークショップを協創館で開催しました

3センター合同事業ワークショップ

12月4日(金)協創館1階まなびホール及びまなびコモンズで、「ひろしま未来協創センター」「国際センター」「学習支援センター」3センター合同事業として、「修大生の学び方—交じり合う・分かち合う・高め合う」のテーマのもと人文学部田坂先生がコーディネーターを務め、ワールドカフェ形式でのワークショップを行いました。
参加は、ゲストスピーカーとして卒業生6名、在学生51名、教職員24名合計81名。卒業生はいずれも、地域活動、留学生バディ活動や学習ピア活動等の経験者です。在学生も、同様な活動経験をもっているか、これからかかわろうとしている学生達です。
ワークショップでは、4名ずつに分かれてテーブルを囲み、「自己紹介」「あなたを活動に駆り立てるものは何ですか?」など、お互いに刺激を共有できるテーマに基づき、ディスカッションを行いました。
ワークショップの途中では、卒業生6名が現在取り組んでいる仕事や学び、在学中の経験が今どのように活かされているのかについてスピーチを行いました。
3センターに何らかのかたちで関わりを持っている学生たちが学年問わず集まり、思いを共有したり興味を拡げたりなど有意義なワークショップとなりました。
ワークショップ後には、iCafeで交流会を行い、初対面の人同士でもより打ち解けた話ができた様子でした。

【参加学生の感想・意見】(抜粋)
・みんな目標は違っても頑張っていて刺激を受けた。
・人とのつながりから始まる活動の良さを感じた。
・卒業生や留学生と身近に話す機会を持てて良かった。
・もっと多くの人とかかわりたい。
・学生である今しかできないことをやりたいと思った。
・受け身ではなく自分から行動することで楽しさが広がると思った。
・ピア活動、iCafeでの活動、地域つながるプロジェクトなど、これまでかかわっていなかったことにも参加してみたい。

ニュース