ニュース

2015/12/04【商学部】「広島市有給長期インターンシップ」報告会で学生が最優秀賞を受賞

商学部経営学科の学生が、今年度実施された「広島市有給長期インターンシップ」に参加し、その報告会にて最優秀賞を受賞しました。(11月28日開催の報告会にて発表)

■ 商学部 経営学科 3年生 土井 拓也さん
■参加企業:株式会社タハラ
■実習期間:2015年8月3日~9月4日(24日間)


広島修道大学では、単位認定されるインターンシップ・海外インターンシップ・学校教育インターンシップ(教学センター)、また、単位は認定されませんがキャリアセンターの定める一定条件の下で行われる認定インターンシップ(キャリアセンター)に参加することができます。学生のインターンシップ参加を促すことで、より一層の学びや経験を支援しています。
※学校教育インターンシップは、広島市、廿日市市、呉市が行う「大学生による学校支援活動」への参加となります。

広島市有給長期インターンシップとは

広島市が実施する、学生が受入企業と雇用契約を結んで行う「有給長期インターンシップモデル事業」です。(地域の大学、企業、行政が連携して行った全国初の取組であり、平成26年度から実施されています。)。
2015年度は、7大学、23名の学生がこの事業に参加しました。
(参考)広島市ホームページより

関連リンク

ニュース