ニュース

2015/11/02【学長室総合企画課】「OECD広島創生イノベーションスクール」で本学学生も活躍中

今年度から「OECD広島創生イノベーションスクール」が広島県教育委員会主催で行われています。この事業は、県内の高校生を対象とした事業ですが、高校生の活動をサポートする「学生メンター」「学生ボランティア」として、本学の学生も参加しています。
7月30日~8月1日の3日間、国立江田島青少年交流の家で「第1回全体スクール」が開催されました。さまざまな指導を受けながらイノベーションについて学び活動する高校生をサポートする大学生たちも、大きな刺激を受けている様子が伺えました。
第1回全体スクールの様子を、学生ボランティアたちが「授業記録」としてまとめています。ぜひご覧ください。
なお、「OECDイノベーションスクール」は2017年度末までの3年間行われる予定です。活動については、広島県教育委員会のホームページで随時公開されています。

「OECD広島創生イノベーションスクール」とは

この事業は、国公私立の枠を超えて集まった県内の高校生たちが、他国の高校生、県内企業・NPO・大学等と協働して広島に向き合い、広島の魅力と課題を発見し、広島の力を世界に発信する「プロジェクト学習」に取り組むものです。
これを通じて、
① 新しい地域・国・世界を創るイノベーターの育成
② 主体的・協働的・探究的な学びを実現する新たな教育プログラムの開発
③ 高校生の力により地域課題を解決する地方創生モデルの創出
を目指しています。

(「広島県教育委員会ホームページ」より抜粋)

ニュース