ニュース

2015/10/30【法学部】第2回法学部研究会が開催されました

アムステルダム自由大学の大教室と学生自習ラウンジの様子(田邉教授撮影)

2015年10月26日14時50分から、3号館第7演習室にて、第2回法学部研究会が開催されました。2015年4月から新しく赴任した尹秀美准教授から、「発話理解における責任主体の日韓比較—謝罪と依頼—」というテーマで報告がありました。

報告は、日本語と韓国語は、形態論的及び統語論的構造の類似性において非常に似ている言語同士であること、また、両国は地理的に近く、歴史・文化の面でも共有する点が多いことから、コミュニケーション行動においても同じような振る舞いをするだろうと考えられてきたことについて説明が行われました。ところが、コミュニケーションの成功に関して、話し手と聞き手のどちらに主な責任があるかという発話理解の責任主体という観点から日本語と韓国を比較すると、両言語ではむしろ異なる点が多いことが確認できる調査の結果が紹介されました。
報告後、参加者と日本語と韓国語のコミュニケーションスタイルの違いについて活発な質疑応答が行われました。

関連リンク

ニュース