ニュース

2015/10/09【学長室総合企画課】連合広島寄附講座開設に伴う協定書調印式を実施しました

10月9日、本学と日本労働組合総連合会広島県連合会(以下、連合広島)との間の講座提供に関する協定書の調印式を行いました。

この協定は、連合広島が広島修道大学の正規の授業科目として「連合寄付講座」を開設し、働く意義や労働組合の必要性について学ぶ機会を提供することを目的とするものです。
開設にあたっては、働くこと、労働組合への理解の深い講師をゲストスピーカーとして派遣し、講座運営に関わる費用が大学側に寄付されるというものです。

■「連合寄付講座」の概要(案)
1.実施する大学、学部…広島修道大学 商学部
2.実施時期…2016年9月から
3.実施期間…概ね3年間
4.講義内容
 (1)授業科目…働くこととワークルール
 (2)目  的…働くうえでの現実的かつ具体的諸問題を理解し、
         解決にむけて考える姿勢とそのための知識を養う
         こと。
         労働組合の意義と役割、その活動内容について
         理解を深めること。
 (3)講  師…ワークルール、労働組合活動等に理解の深い方を
         中心に依頼。

ニュース