ニュース

2015/10/08【学習支援】スタディ・グループ「プレゼン・マスターズ(9)」開催報告 

 スタディ・グループ「プレゼン・マスターズ(9)」を開催しました

 10月7日(水)に協創館1階まなびコモンズにて「プレゼン・マスターズ」を開催しました。このグループは、プレゼンテーション体験を通して、伝え合う力や自己発信力を鍛えたいと考える学生が集まって結成されたもので、今年度の前期から毎週水曜日の3時限目に実施しています。

 後期第2回目(通算9回目)となる学生プレゼンテーションでは、「旨い飯やの見つけ方」というテーマで、インターネットや雑誌の情報に頼らず、自分の足で探し、時間と労力をかけることにこだわる理由が語られました。  

 美味しいご飯屋さんを見つける極意が食欲をそそる写真とともに2つ提示され、その根拠が説明されるたびに、多くの学生が頷きながら聞き入っていました。
 最後に「安くて旨い店」を自分の力で探すことの理由として、プレゼンターからは2つのキーワードが提示されました。
 ①冒険心
 ②人との出会い
 苦労した分、自分だけが知っているという優越感をもてること、ワクワクすることが人生をより豊かにしてくれること、そして思いがけない出会いによって、心があたたかくなることなどが実際のエピソードとともに語られ、聞いている学生の心にも響いたようです。

 全体ディスカッションでは、
「聞いていて飲み込まれそうな感覚だった。これぞプレゼンと感じた。」
「スライドの構成、話し方、テンポが非常によかった。しっかりと数秒、目を合わせていたので〈伝えたい気持ち〉がわかった。」
「聞き手にもっと質問を投げかけて答えてもらう場面を設定すると盛り上がるのでは?」
などの感想が寄せられました。
 効果的なスライドの作り方、ナンバリング・ラベリング、ジェスチャーなど、前期で学んだスキルを積極的に取り入れており、確実にレベルアップしているのを実感しています。

 来週からは2人のプレゼンターによる「同一テーマ×バトル形式」に変わります。初回となる10/14(水)は、「グローバル化社会において求められる人材とは」を共通テーマに、2人の学生が熱いプレゼンを展開する予定です。

 ぜひとも協創館1階・学習支援センターにお気軽にお越しください。

ニュース