ニュース

2015/07/03【法学部】「宅地建物取引士資格試験」対策模擬試験を実施しました

-7月1日 法律学科リーガルマインド養成講座にて-

宅建模試の様子

法学部法律学科では、法学系国家資格の取得や公務員を目指す学生を支援するため、説明会その他のプログラムを行っていますが、その一環として、7月1日に「宅地建物取引士資格試験」対策模擬試験を実施しました。
試験は、時間120分で、権利関係(民法・借地借家法・不動産登記法など)・法令上の制限(都市計画法・建築基準法など)・宅地建物取引業などに関する4肢択一式問題が本番より10問多い60問で行われ、受験した学生は、熱心に問題に取り組みました。試験終了後には、近年の合格率・最低点の紹介、今後の学習ポイントなどが説明されました。
受験学生からは、「目標の80%の得点ができた」、「既習分野では十分に得点でき自信になった」などとともに、「苦手な分野が明確になった」、「準備不足を痛感した」などの感想も寄せられました。今後は模試結果を踏まえた受験勉強に取り組み、多くの学生が合格することが期待されます。

関連リンク

ニュース