ニュース

2015/06/10【学習支援】「第3回 レポート講座」の開催報告

 「第3回 レポート講座」を開催しました

 6月4日(木)にレポート講座、「要約+考察型レポートが書けるようになる」を開催しました。全5回のレポート講座の3回目となるものです。今回取り上げたのは、「○○を読み、その要旨をまとめ、考察を加えなさい」というタイプのレポートです。

 はじめに「要約+考察型レポート」について簡単に説明がありました。ウォーミングアップとして、500字程度のテキストを読み、中心文やキーワードを探し、30字の要約文作成に取り組みました。さらに、その30字から、不要な部分を削ぎ落とし、そのテキストのタイトルを考えました。すでに前回、練習をしていることもあって、この作業はおおむねスムーズにこなせていたようです。
 次に、実際のレポートを想定し、テキスト一節分の要約に挑戦しました。 まず、著者が提示する問いを念頭におきながらテキストを読み、中心文やキーワードなどの重要箇所にマーキングし、その後、中心文、具体的な説明部分など、パラグラフの構造を確認し、要約作業に取り組みました。
 最後に考察部分では、批判的に文章を読むこと、そして批判的に読むための「つっこみ」を入れる視点を学びました。さらに、考察部分を書く際には、「論点(中心文)」→「理由・根拠」→「例・補足」→「まとめ」というパラグラフの展開を意識すると、相手に伝わりやすい文章になることを確認しました。
 今回のワークは、パラグラフの構成を意識して読み、要約し、書く、また「つっこみ」を入れながら文章を読んでいくというアカデミックスキルの基本を意識するきっかけになったのではないでしょうか。

 14名の参加者からは、終了後に次のような感想が寄せられました。「要約のやり方が理解できたし、中心文を探すことも前回よりできるようになりました」「つっこみの入れ方が難しそうだなと感じた」「ずっと要約や考察が苦手だったので、今回の講義のことをいかしていきたいです」。

 6月11日(木)のレポート講座(4)では、レポートの基本スタイルについて学びます。構成や参考文献のあげかたなど、役に立つ情報が含まれています。はじめての人も歓迎です。ぜひご参加ください。

ニュース