ニュース

2015/02/16【ひろみら】「ひろみらFES2014」を開催しました

2月14日(土)、「ひろみらFES2014」を開催しました。このイベントは、「ひろしま未来協創プロジェクト」にて学生や教員が今年度中に行った地域と連携した取り組みや研究等の成果を報告するものです。好天に恵まれ、朝から多くの来場でにぎわいました。

ひろみらフェス

第1部のポスターセッションでは、共催する地方自治団体(広島県、広島市、西広島、廿日市市、北広島町)の方々による展示、学生のちぃスタの活動の展示のほか、「地域つながるプロジェクト」として地域の課題解決に取り組んだ14のプロジェクトの成果がポスターにまとめられ、展示されていました。学生たちが来場者に対し、ポスターを見ながら自分たちの活動についての経緯や成果などを説明しました。

第2部では2会場に分かれて「地域つながるプロジェクト」の活動成果についてのプレゼンテーションを行いました。子どもたちと一緒に取り組んだケース、学生の活動成果から地域の取り組みへと発展したケース、具体的に形を残したケースなど、それぞれの成果発表に来場者も聞き入り、刺激を受けた様子でした。

第3部では再度1会場にまとまり、「ひろみら研究領域」として今年度採択された4プロジェクトについて、教員より発表がありました。これからも継続研究し、地域の課題解決や発展のために貢献できればと強い意思を示されました。

第4部のパネルディスカッションでは、上野 眞也氏(熊本大学政策創造研究教育センター長、学長特別輔佐)と筧 裕介氏(issue+design代表)をお迎えし、本学人間環境学部長 三浦 浩之 教授と3名で人文社会科学系大学の地域貢献のあるべき姿についてディスカッションを行いました。コーディネーターである、本学ひろしま未来協創センター長 山川 肖美 教授によりそれぞれの意見が引き出され有意義な場となりました。

学生や教員の成果発表により本学の取り組み成果が見直されたと同時に、これからの取り組みの方向性や可能性も示唆され、大盛況のもと閉会いたしました。 プロジェクトに一緒に取り組んでくださった地域の皆さま、ご来場くださった皆さまに対し、この場を借りて御礼申し上げます。

ニュース