ニュース

2014/12/26【キャリアセンター】産業界ニーズGP講演および総括シンポジウムを開催しました

文部科学省より平成24年度に採択された「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」において、本学は「産学連携による教育体系構築ならびに評価・指導方法の改善」をテーマに事業を推進してきました。事業の最終年度として「大学教育におけるポートフォリオ活用の可能性」をテーマに講演および総括シンポジウムを12月19日(金)に学術ホールで開催しました。

第一部では国立大学法人東京学芸大学の森本康彦先生に「大学教育におけるeポートフォリオの本質的役割」をテーマにご講演いただきました。中学校、高校の教員経験をお持ちの森本先生は、分かりやすい事例をもとに、教育観のパラダイム変換やポートフォリオの概念やその意義、eポートフォリオ活用のカギなどを具体的にお話いただきました。また、あくまでも主役は学生であること、更にポートフォリオは脇役であり、学生の自律的学習を促進するためのツールであり、学習成果や成長のエビデンスとしての役割などについて熱のこもったメッセージをいただきました。

第二部では3年間の事業報告、キャリア教育における成果と提言、学生のShuP活用事例などの発表の後、総括シンポジウムを開催し、森本先生のほか、本事業にご協力いただいている外部評価委員、産業界ニーズワーキンググループ委員からご意見をいただきました。

ニュース