ニュース

2014/11/07【学長室総合企画課】スタディーツアー派遣学生募集

「アウシュヴィッツなどへのスタディーツアー」派遣学生募集

平和活動や国際交流活動を支援している、(財)ヒロシマ平和創造基金より、アウシュヴィッツの強制収容所(ポーランド)やアンネ・フランクの家(アムステルダム)を訪れる、スタディーツアーのご案内がありました。

本事業では、ナチスドイツによるユダヤ人大虐殺は、広島・長崎への原爆投下と並ぶ、第2次世界大戦の悲惨さの象徴であることを踏まえて、被爆70周年の節目に、広島の若者(大学生、高校生等10名前後)が、海外の負の遺産を訪問し、現地の若者と意見交換、平和首長会議のメンバーに平和のメッセージ(ヒロシマの思い)を伝えることを主な趣旨としています。
この度、広島修道大学では、下記のとおり学内選考を行い、学生1名を本事業へ派遣します。

ぜひみなさんからの応募を待っています。

■事業の概要
事業名:「アウシュヴィッツなどへのスタディーツアー」
主 催:ヒロシマ平和創造基金
協 力:中国新聞社、ひろでん中国新聞旅行
期 間:2015年3月22日~3月29日(予定)
訪問地:アウシュビヴィッツと隣接のビルケナウの強制収容所
    アンネ・フランクの家
人 数:10名前後(大学生数名、大学教員、高校生2名、記者1名等)
経 費: 学生負担なし(参加費約40~50万円は、財団と本学が負担します)

■募集要項
募集期間:11月7日~12月10日(水)15時
募集人数:1名(本学の学部生)※但し、2015年3月卒業見込み者を除く
選考方法:応募書類および面接に基づき、総合的に判断します。
応募書類:(1)エッセイ(1,200字程度:本学所定様式)
       テーマ:「ヒロシマとアウシュヴィッツ」または「私が届けたいヒロシマのメッセージ」
     (2)英語能力を証明する書類(資格取得証明書、成績表等)
応募方法:下記応募書類をダウンロードし、締め切りまでに総合企画課へ直接持参してください。
応募締切:12月10日(水)15時
面  接:12月中旬
結果通知:12月下旬
問合せ先:本館4階学長室総合企画課(Tel:082-830-1102)

ニュース