ニュース

2014/10/15【大学院】法学研究科法律学専攻演習論文発表会を開催しました

本学大学院法学研究科では、研究成果の公表の場として、10月14日(火)に図書館1階ライブラリーホールにおいて法律学専攻演習論文発表会を開催しました。
発表会では、4名の院生が各々の論文概要を報告し、その後、参加した院生、教員との間で活発な質疑が行われ、発表者にとって自身の研究を今後一層発展させていく上で有益な示唆を得る機会となりました。

発表者および論文題目は、下記のとおりです。

■発表者/演習論文題目
 曽根 豪紀 「集合債権譲渡担保の法的構成と国税徴収法24条」
 髙橋 潤矢 「政教分離の歴史的考察」
 森川 梨絵 「譲渡所得における相続税及び贈与税と所得税間の課税関係
       -取得費の概念-」
 北原  宗 「遺産分割の課税関係について
       -代償分割の遡及効をめぐる税法上の取扱いについての検討-」

 

関連リンク

ニュース