ニュース

2014/07/25【国際交流】韓国人留学生、今度は平和記念公園で平和学習をしました

「広島修道大学日本語・日本文化セミナー」に参加している韓国人留学生が、7月23日、セミナーのプログラムの一環で、広島平和記念公園を訪問しました。
平和記念公園では、原爆ドーム、原爆慰霊碑、韓国人原爆犠牲者慰霊碑、原爆の子の像を見学した後、原爆被爆者による被爆体験講話を受けました。みんな非常に熱心に聞き入り、中には涙を流して聞いていた留学生もいました。留学生からは、「焼けの原の中から、広島はどのようにして復興したのか」とか、「広島が甚大な原爆被害を受けたことに驚愕した」といった質問や感想が聞かれました。
午後からは、広島市国際平和推進部長の谷川晃氏を表敬訪問しました。ここでも、留学生との間で、平和についてのやり取りが行われました。「平和とは何か」、「平和のために何をすべきか」といった意見交換が行われました。
その後、原爆資料館を見学しましたが、資料館で被爆のさらなる実相を知った留学生は、大きな衝撃を受けました。韓国人留学生にとっては、平和について秒刻みで考えさせられる1日となりました。
この日は、「平和学習」と呼ぶにふさわしい1日となりました。

ニュース