ニュース

2014/07/14【学生センター】環境サークル「がんぼ」の社会活動に感謝のご挨拶をいただきました

環境サークル「がんぼ」(顧問:羅 星仁 人間環境学部教授)は、2005年以降、約10年間にわたって「子どもたちの奥畑自然体験学習」をボランティア活動として行ってきました。この活動は、大塚、伴、伴南小学校の子どもたちが対象で、春はサツマイモのつるを植え秋に収穫、夏は蛍鑑賞や登山など、奥畑地区の豊かな自然を生かして、多くの時間を共に過ごしています。
7月14日、広島市沼田公民館、奥畑自然学習「電ボ隊」、伴青・少協会からそれぞれご担当者が来訪され、約10年続けてきたこの活動に対し、感謝のご挨拶をいただきました。
環境サークル「がんぼ」は、現在部員20名。「社会とつながり地域に貢献したい」という強い思いを、これからも後輩へ引き継いでいきます。

ニュース