ニュース

2014/07/11【国際交流】本学の留学生が広島市立大塚小学校を訪問しました

7月10日、「広島修道大学日本語・日本文化セミナー」に参加し、日本語や日本文化を学んでいる韓国からの留学生15名が、広島市立大塚小学校を訪問しました。
小学校の正面玄関では、校長先生や教頭先生をはじめ、今回交流する6年生の生徒の皆さんが、留学生一人ひとりの名前を書いた紙を持って歓迎してくださいました。
6年1組から5組まで、留学生は3名ずつそれぞれの教室に入り、学校給食を生徒の皆さんと一緒に食べました。その後、留学生が黒板を使って、太極旗(韓国の国旗)の意味や韓国の徴兵制度などについて紹介しました。生徒の皆さんからは、「日本語の勉強で何が一番難しいですか」、「平和についてどう考えていますか」など、次々と質問が投げかけられました。
わずかな時間の滞在でしたが、心と心が通う温かな交流ができました。留学生の一人は、「日本語が十分でない私たちにとても優しくしてくれて、皆さん明るく活発でとても楽しい時間を過ごしました。日本の小学校の雰囲気を体感できてよかったです」と話していました。最後は、名残惜しい表情で見送る生徒の皆さんがとても印象的でした。

ニュース