ニュース

2014/06/26【国際交流】フルブライトが本学を訪問しました

6月20日(金)、フルブライトIEA(International Education Administrator)プログラムに参加しているアメリカ人大学職員10名が本学を訪問しました。訪問の目的は、日本の大学の教育制度や教育の実態、日本文化を知るためでした。
一行は、まず学食で学生と一緒に昼食を取りました。それから市川太一学長を表敬訪問し、市川学長から広島修道大学の概要や取り組みについて聞いた後、同席した竹井光子国際センター長から「グローバルコース」、山川肖美副学長から「地域イノベーションコース」に関する説明を受けました。本学が今年度から新たに取り組んでいる両コースですが、非常に活発な意見交換を行いました。

次に、英語英文学科「Project Work(Keith Barrs先生)」の授業に参加され、約30名の学生とグループに分かれて英語で意見交換をするとともに、教育や学校生活に対する学生たちの考え方に触れていただきました。最後に、学生と一緒にキャンパスをご覧いただき、終始和やかな雰囲気で全ての日程を終えました。

本学の教育理念や教育方法について理解を深めるとともに、本学の学生と直接触れ合い、大学のありのままの姿を見ていいただくことができ、大変有意義な1日となったことを参加者全員が話していました。また、学生にとっても、英語を使った実践的なコミュニケーションを体験し、大変良い機会となったようです。

ニュース