ニュース

2014/06/02【学生生活支援】保健室便り(No.87)5月31日は世界禁煙デーです。

みなさんご存知ですか?5月31日は世界禁煙デーです。 
たばこが健康に悪影響を与えることは明らかで、禁煙はがん、循環器病等の生活習慣病を予防する上で重要です。
妊婦が喫煙した場合には低体重児、早産、妊娠合併症の率が高くなります。
今年度は、たばこを減らすことで命を守ることを目的として、禁煙週間のテーマ「オールジャパンで、たばこの煙のない社会を」が決められています。

5月31日(土)から6月6日(金)は禁煙週間です。「いつかは禁煙したい」「いますぐ禁煙したい」の気持ちを応援します。さぁ はじめてみませんか?

禁煙応援企画 その1 ◆禁煙講演会開催◆まずは禁煙について最新情報を一緒に学びましょう

テーマ    「吸わない君がカッコウイイ!吸わないあなたが素敵!」
        ~吸う人も吸わない人も一緒に学びましょう タバコのこと~
講師     日本禁煙科学会 理事
       禁煙マラソン 事務局長
       日本禁煙科学会認定 禁煙支援士 
       三浦 秀史先生 
日時      6月23日(月) 16:40~18:10
場所      学術ホール(7号館1階)
対象      本学学生および教職員

禁煙応援企画 その2 ◆禁煙サポート◆いつでも始められます。保健室へどうぞ

・呼気中一酸化炭素濃度測定:呼気(吐く息)に含まれる一酸化炭素濃度を測定します。
 喫煙状況を客観的に把握するための検査です。(誰でも簡単に測定できます)
・ニコチン依存度測定:質問票の記入により判定します。
・医師の診察により、必要に応じて禁煙の補助剤としてニコチンパッチの処方を受けることが出来ます。
(本学学生・教職員1人7枚まで)
・禁煙を続けるための日常生活の工夫を紹介します。

ご不明な点は保健室までお問い合わせください。     

保健室直通(082)830-1118

ニュース