ニュース

2014/04/23【人間環境学部】2013年度「環境プロジェクト演習 成果報告書」が完成しました

2013年度環境プロジェクト演習 成果報告書イメージ

「環境プロジェクト演習」は、プロジェクトテーマごとに座学やフィールドワーク等を行い、分析結果をまとめるという体験型学習を行う授業で、2012年度から始まりました。本授業は2年次生のみ履修できる授業で、企業・自治体・市民とリンクしながら、環境問題改善ならびに環境に対する意識の向上と、行動の実践を目指していく上で必要な力を理解し、獲得することを目指しています。
2013年度で2年目を迎え、このたび「成果報告書」という形で地域社会の皆さまに広く、プロジェクトの成果を公表することとなりました。今年は、さまざまな視点からなる9つのプロジェクトが開講され、人間環境学部の2年生118名が参加しました。2014年1月15日には学内で全体発表会を行い、プロジェクト同士の成果を確認し合い、互いに刺激をうけたようです。学生たちが1年を通じて果敢に取り組んだプロジェクトの成果をどうぞご覧ください。


【プロジェクト一覧】

・岡田啓介
「ひろしまの森づくり事業(ひろしまの森づくり県民税)を考える」

・佐々木緑・竹崎嘉彦
「広島駅周辺の土地利用の変遷をたどる」

・豊澄智己・福田陽一・林健児郎
「実践環境ビジネス論(有機農法、農業・NPO法人、Facebookマーケティング)」

・羅 星仁・林 将之
「修大樹木図鑑制作」

・西村仁志・河野宏樹・志賀誠治
「こどもの自然体験活動推進プロジェクト」

・長谷川 弘
「広島修道大学の新校舎8号館建設計画に伴う自主ミニ環境アセスメント」

・松川太一
「身近な森と水の関係について調べる・考える」

・三浦浩之・友田加世
「エコとファッション」

・皆田 潔・三浦浩之
「都市農村交流による持続可能な地域づくり」

関連リンク

ニュース