ニュース

2014/04/18【法学部】新入生対象オリエンテーション・ガイダンスを実施しました

2014年度も新入生を迎え、さまざまな方法・内容でのオリエンテーション・ガイダンスが実施されました。
法学部では、新入生オリエンテーション・ガイダンスで在学生にアシスタントをお願いしています。今年は、法律学科23名、国際政治学科17名の登録がありました。事前準備として2014年3月26日に、キャンパス・オリエンテーリングの下見と配布資料作成、チューター(教員)ガイダンスのクラス担当などを決め、4月の本番に備えました。

4月1日、午後からの入学式に先立ち、新3号館前にて、集合写真を撮影しました。恒例の記念写真は、8号館建設工事のために撮影場所を変更して行われました。2号館階段踊り場からのやや仰角の撮影で、出来上がりが楽しみです。

4月2日・3日は、教学センターと教員による履修に関するガイダンスが行われました。カリキュラムの構成や履修方法・時間割など、履修上の留意点が『学修の手引き』にもとづいて詳しく説明されました。大学での学修の出発点ですが、分厚い『学修の手引き』と格闘しつつも、ガイダンス内容をしっかり吸収している様子でした。
公務員採用試験、法律系資格試験合格を目指すための学内模擬試験や大学院進学希望者向けの早期卒業や学部・大学院5年プログラムについてのガイダンス、インターンシップや海外留学のすすめなど、それぞれの目標に向けて学生生活を充実したものとするためのさまざまな情報も伝えられました。

教員による少人数でのガイダンスは、法律学科は4月3日に24クラス、国際政治学科は4月4日に9クラスに分かれて実施されました。このガイダンスでは、教員と学生アシスタントによる自己紹介やクイズなどを通じて、新入生相互もより近しいものになったようです。
在学生アシスタントが新入生の緊張をほぐし、新入生と担当教員の間の緩衝材としての役割を果たしました。キャンパス内での生活や授業選択、サークル活動などについてアドバイスをするなどのサポートを行いました。担当したアシスタント学生からは「新入生は緊張していることもあり、また初対面であることもあり、なかなか言葉数が少なくて場を和ませることに苦労しました」「質問をしてくれる新入生もいて嬉しかった」などの声が寄せられました。


法律学科では、4月4日に新入生向けの講演会を開催しました。講師は、法律学科を2007年3月に早期(3年)卒業して法科大学院に進学し、2013年に弁護士登録した對馬佳奈恵さんにお願いしました。

関連リンク

4月5日には、両学科31クラスがクラス単位でキャンパス・オリエンテーリングに参加し、クラスメンバーの協力によりゴールタイムを競いあいました。

関連リンク

国際政治学科では、4月12日に学科企画として、教員・在学生・新入生がともに集いオリエンテーション・セミナーを実施しました。その後、新入生を歓迎する催しが行われました。

関連リンク

年度初めは何かとあわただしいですが、新入生にとって、勉学はもちろんですが、サークル活動など、それぞれの目標に向けて積極的に取り組み、実りの多い1年となることを期待しています。

関連リンク

ニュース