ニュース

2014/03/28【法学部】2013年度第3回公務員対策模擬試験(法律学科リーガルマインド養成講座)を実施しました

新4年生の民間企業への就職活動が活発化するなか、2014年度公務員試験も、4月27日の国家公務員総合職第1次試験を皮切りに、6月以降、各種国家公務員試験および地方公務員試験が実施され、本格的な受験シーズンを迎えることになります。それだけに、公務員を目指す学生の受験勉強も一段と熱がこもったものになってきています。

法学部法律学科では、公務員を目指す学生への支援策として様々な取り組みを行っていますが、その一環として、3月25日(火)に第3回模擬試験を実施しました。試験時間は120分、問題は専門(憲法・行政法・民法)40問、教養(一般知識・一般知能)35問の多肢択一式問題が出題されました。受験者は新4年生と新3年生が中心で、実力確認の場として、熱心に問題に取り組んでいました。試験後には、講評と今後の勉強の留意点が説明されました。

2013年度の公務員試験合格者実績(3月9日現在、全学部で既卒者を含む)は、国家一般職15名、国税専門官3名、裁判所事務官II種2名、広島市I種行政10名、呉市1名、福山市3名、廿日市市5名、大竹市2名、庄原市・三原市・井原市・福岡市各1名、岡山県学校事務・警察事務各1名、広島市I種・II種消防19名、備北地区消防組合2名、呉市(消防)・福山地区消防組合・府中町(消防)・東京消防庁I種・宇和島市(消防)・松江市(消防)・安来市(消防)各1名、広島県警22名、警視庁I類5名、島根県警2名、山口県警・岡山県警・兵庫県警・大阪府警・神奈川県警各1名、広島県教員8名、広島市教員11名など139名の合格となっています。

法律学科では、引き続き、公務員志望の学生を支援し、2014年度は前年度を上回る合格者実績を挙げるよう取り組んでいきます。

関連リンク

ニュース