ニュース

2015/12/01【学生生活支援】保健室便り(No.97) 12月1日は世界エイズデーです

世界エイズデーとはエイズ蔓延の防止、エイズ患者やHIV感染者に対する差別や偏見の解消を目的として定められた日です。

HIVって?エイズって?

HIVとは、《ヒト免疫不全ウイルス》のことで、ヒトの体をさまざまな病原体から守る(このことを"免疫"といいます)のに重要な細胞、Tリンパ球などに感染するウイルスです。
HIVに感染したのち1年から数年かけてこれらの細胞の中でHIVが増殖し、免疫機能を破壊していきます。普段は感染しない病原体にも感染しやすくなり、様々な病気を発症します。この様々な病気を発症した状態をエイズ《後天性免疫不全症候群》と言います。

主なHIV感染経路は?

(1)性行為感染、(2)血液感染、(3)母子感染 となっていますがそのうち約9割が『性行為感染』といわれています。しかしコンドームの正しい使用で予防が出来ます。

日本では、1日に4人が新たにHIVに感染していると言われ、特に20代~30代の若者の感染増加がみられています。
*HIV検査を受けることではじめて感染の有無を確認することができます。感染がわかって早期に治療を開始すればエイズを発症せず今まで通りの社会生活を送ることが出来ます。詳しくは広島市のホームページ エイズに関する相談と無料・匿名検査について御覧ください。

関連リンク

【11/30~12/10】STA-Cafeによるエイズ予防啓発展示を開催中!

本学にはHIVやエイズについて学び、自主的に予防啓発活動を行っているピアサポーター「STA-Cafeスタッフ」がいます。大学祭で彼らがCafeをしながら、HIV予防のクイズを通してエイズ予防啓発を行いました。 12月1日の世界エイズデーにあわせて、12月10日まで学生課前掲示板にて、「STA-Cafeスタッフ」によるエイズ予防啓発に関する展示を行っております。ぜひご覧ください。

【STA-Cafeスタッフに興味のある方はピア・カウンターにご相談ください。】 

関連リンク

ニュース