学生生活・教育

TOPページ > 学生生活・教育 > 試験情報

試験情報

試験の種類

試験には、定期試験、追試験及び臨時試験があります。

定期試験

授業終了時の学期末又は学年末の一定期間に行う試験のことです。
定期試験には、中間試験と呼ばれるものがあります。中間試験は、前期科目と通年科目を同一時限で行っているいわゆる読替の授業科目の場合に、前期科目の場合には定期試験として行ない、通年科目の場合には前期科目と区別するため中間試験と呼んで行っているものです。しかし、定期試験に違いはありません。

追試験

病気その他やむを得ない事由により定期試験を受験できなかった者に対して、本人の願い出により行う試験のことです。

臨時試験

担当教員が必要と認めた場合、平常の授業時間又はその他の時間(試験期間中を含む。)に定期試験とは区別して行われる試験のことです。

受験上の諸注意

  1. 所定の期間に履修登録をしていない科目は受験できません。
  2. 授業料等諸納付金が未納の時は受験できません。
  3. 欠席日数が極めて多く受講態度が著しく不良な時は,受験を停止することがあります。
  4. 学生証の提示がない場合は受験できません。なお,当日学生証を忘れたものは,学生センターに届け出て仮学生証の交付を受けてください。仮学生証は,確認を受けた日付印の当日に限り有効です。仮学生証は試験終了後,直ちに学生センターへ返却してください。返却がない場合は、再交付されません。
  5. 学生証は,写真・学籍番号が確認できるようにケース等から出し,机上に提示してください。学生証による本人確認が困難な場合は,定期試験等を受験できないことがあります。
  6. 追試験を受験する場合には学生証は勿論のこと,追試験受験票を机上に提示してください。追試験受験票を忘れたものは,教学センターに届け出て仮受験票の交付を受けてください。
  7. 答案用紙は表裏とも書き尽くし,なお必要な場合でなければ新たに請求することはできません。
  8. 学籍番号及び氏名は,ペンまたはボールペンで記入してください。また学籍番号及び氏名の記入のない答案は無効とします。
  9. 受験に際しては厳正な態度で臨み,不正行為並びに紛らわしい行為は,一切してはいけません。
  10. 机上には筆記用具等試験に必要なもの以外は置かないでください(筆箱,ペンケース等を机上におくことは禁止)。従って,試験科目担当者が参照を許可したもの以外は,かばん等の中にしまい,見えない状態にしておいてください。
  11. 通信機器(携帯電話・スマートフォン・腕時計型端末等)は電源を切り,机上に置かないでください。また,時計の代用としてこれらの機器を使用することもできません。
  12. 試験開始時間に20分以上遅刻した者は受験できません。
  13. 試験開始後20分以上経過し,監督の許可を受けた場合は退室できます。
  14. 答案用紙を試験室外に持ち出すことは許されません。
  15. 答案は机上に伏せて退室してください。
  16. 座席指定のある試験室では座席表に従って座ってください。
  17. 試験室ではすべて監督者の指示に従わなければいけません。

定期試験日程と時間割

 

追試験について

  1. 追試験は、病気その他やむを得ない事由により定期試験を受験できなかった者に対して、本人の願い出により行われることがあります。
  2. 追試験を受験しようとする者は、所定の追試験願に病気の場合には医師の診断書を、やむを得ない場合は当該責任機関の証明書を添え、試験終了後3日以内に教学センターへ願い出なければなりません。
  3. 追試験受験の可否は、願い出に基づき担当教員により決定されます。
  4. 追試験受験の許可を受けた者は、所定の期日に追試験受験手続きを完了しなければなりません。
  5. 追試験受験手続きを完了した者には、追試験受験票が交付されます。

就職試験の取り扱いについて(3・4年生対象)

追試験は、病気その他やむを得ない事由により定期試験を受験できなかった者に対して、本人の願い出により行われることがある試験です。

この追試験申請の対象となる「就職試験」については、公的機関・会社等が発行する受験証明書(受験年月日・会社名・ 社印のあるもの)を添え、試験終了後3日以内に教学センターへ願い出なければなりません。
今般、就職活動時期の早期化を考慮し、直接採用に係る面接・会社説明会に参加した場合でも、指定の就職活動証明書(追試験申請書類)を提出できる場合は、追試験申請の対象とすることになりました。

しかし、定期試験は講義の集大成であり、位置付けは重要です。
また、追試験受験の可否は、願い出に基づき担当教員により決定されますので、証明書が入手できても追試験が保証されるものではありませんし、証明書が入手できなければ、申請することはできません。
また、特定の企業の採用試験に結びつかない合同企業説明会への参加、就職試験に出席するための移動に要する日時は、追試験の対象になりません。

状況をよく考えて、必ず試験前に教学センターの各学部窓口で相談してください。

なお、追試験受験の許可を受けた者は、所定の期日に追試験受験手続きを完了しなければなりません。追試験受験手続きを完了した者には、追試験受験票が交付されます。

追試験願の添付書類
病気、負傷;
医師の診断書(病名・受診日時・病院名の確認ができるもの)
親族の死亡による忌引;
会葬御礼など葬儀の日時が確認できるもの
親族の介護や看護;
被看護者の診断書
非常災害;
被災証明書
交通事故、公共交通機関の遅延;
遅延証明書、交通事故証明書
就職試験;
公的機関・会社等が発行する受験証明書
(受験年月日・会社名・ 社印のあるもの)
課外活動としての公式戦出場;
参加承諾書等(国体・全国大会レベルのみ)
単位互換科目の受験;
単位互換科目受験証明書(統一様式、他大学より発行)
教員採用試験;
日時が明記してあるもの

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について