学生生活・教育

TOPページ > 学生生活・教育 > 休講・補講

休講・補講

休講・補講

休講

 担当教員の都合、交通機関のストライキや台風等自然災害に伴い授業を休講することがあります。

▶教員の都合による休講
 事前に教員から届出のあるものは、休講情報として教学システムに掲載しますが、緊急の場合は間に合わないこともあります。万が一担当教員の教室への出講がない場合には教学センターの指示に従ってください。

▶交通機関のストライキや台風等自然災害に伴う授業の取り扱い
 本学では、交通機関のストライキや台風等自然災害に伴う授業や試験の取り扱いを次のとおり定めています。

  1. アストラムライン,広島電鉄バス高速4号線の両方で,ストライキや天候不良による全面的運行停止が午前7時現在で続いている場合は,午前中(第2時限まで)の授業は休講とします。午前10時の段階で全面的運行停止が継続している場合は,午後(第3時限から)の授業も全て休講となります

  2. 午前7時現在で,広島県南部のうち広島・呉地域または東広島・竹原地域に暴風警報または特別警報(大雨)が発表されている場合は,午前中(第2時限まで)の授業は休講とします。午前10時の段階で警報が解除されていない場合は,午後(第3時限から)の授業も全て休講となります。

  3. 試験期間中の試験の取り扱いは,前記①,②の授業の取り扱いに準じて行いますが,時間を変更して試験を実施する場合もあります。前記①,②の授業の取り扱いに準じる場合は,2b時限までを午前中とし,3a時限からを午後として取り扱います。
    なお,時間を変更して実施する場合は掲示等により通知します。

補講

 授業回数の不足を補うために行われる講義です。また授業の到達水準を合わせるために、全員または一部の受講生を対象として予定回数に追加して行われる追加講義を含みます。実施日・時限・教室は、補講情報として教学システムに掲載します。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について