学生生活・教育

TOPページ > 学生生活・教育 > 欠席・休学・退学など

欠席・休学・退学など

授業を欠席するとき

病気ややむを得ない事由で授業を欠席しようとする場合は、担当教員に「欠席届」を提出してください。「欠席届」の用紙は教学センターにあります。また、1ヶ月以上3ヶ月未満の場合は長期欠席となりますので、教学センターに相談してください。

身分異動に関すること(休学・退学など)

長い4年間には、様々なことがあります。その中で下記にあげたような事項は、「身分異動」といい、所定の手続きをしなくてはなりません。事前に保証人や教職員と相談のうえ、教学センターへ所定の用紙を提出してください。(所定の用紙は教学センターにあります。)

休学したい時

やむを得ない理由により休学を願い出る場合は、「休学願」(再度の休学の場合は「再休学願」)に保証人連署で記入・押印のうえ、指導教員またはチューターの承認印を受けて提出してください。病気等の理由による場合、医師の診断書が必要です。学費の減免を希望する場合は、休学願に添付してある「学費減免許可願」をあわせて提出してください。休学期間は修業年限及び在学年数に算入されません。また、休学期間は通算して2年を超えることはできません。なお、3ヶ月未満の場合は長期欠席となりますので、教学センターに相談してください。

復学したい時

許可された休学期間が終了すると、自動的に復学となります。次年度復学可能な者は、教務課へ電話連絡の上、必要に応じて指導教員またはチューターのアドバイスを受けておいてください。また、年度途中(後期)の復学は、「復学願」の提出が必要です。

退学したい時

退学しようとするときは、「退学願」に保証人連署で記入・押印のうえ、指導教員またはチューターの承認印を受けて提出してください。

除籍

在学年数が8年を超えた場合、または所定の諸納付金の納付を怠り、その督促を受けてもなおこれを納付しない場合は除籍され、本学学生としての身分を失います。

再入学したい時

除籍者または退学者が再度入学を希望する場合、所定の期日までに、「再入学願」に保証人連署で記入、押印のうえ、指導教員またはチューターの承認印を受けて教学センターに願い出てください。諸納付金未納による除籍からの再入学は、保証人連署による滞納理由と、将来かかることのない旨を記した誓約書の添付が必要です。再入学を許可された時は、所定の再入学金を所定の期日までに納入してください。在学年数が8年を超えた時、また懲戒処分により退学させられた時の再入学は、許可されません。再度の再入学も許可されません。

転部・転科・転専攻を希望する時

転部とは,学内の他の学部に移ることをいいます。転科とは、同一学部内の他の学科に移ることをいいます。転専攻とは、人文学部人間関係学科内で他の専攻に移ることをいいます。学部により転部・転科・転専攻(以下「転部等」といいます)を志望する学生を募集することがありますが、募集がなければ、転部等をすることはできません。
転部等は、第2学年への転部、転科、転専攻に限ります。したがって,1年次の末に出願するのが教育課程上望ましいと考えられます。1年以上の在学期間と33単位(2010年度以前生は36単位)の修得が条件であり、転部等を希望し、条件を充足する見込みの学生に対して、選考を行います。ただし、1年次で休学した者や、1年次の学年末試験を含め、33単位以上(2010年度以前生は36単位以上)の修得が見込めない場合は、志願することができません。また、学年末試験の結果、条件を充足できなかった場合は、転部等は許可されません。志願者の学年が第2学年以上の場合も、第2年次への転部、転科、転専攻に限ります。再度の転部等は認められません。既修得単位の認定は各部教授会が行います。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について