学生生活・教育

TOPページ > 学生生活・教育 > 通学関係

通学関係

自動車や二輪車での通学は便利ですが、諸費用および運転上の危険が伴います。 できるだけ、公共交通機関で通学することをおすすめします。

通学定期

広島市近郊の通学定期券を購入する場合は、学生証を各社所定の「定期券購入申込書」と一緒に販売窓口に提示することにより購入出来ます。

JRの場合、学生証の裏面に住所及び通学区間を記載した「通学証明シール」の貼付が必要です。
通学証明シールは学生センターで発行しますので、申請は学生センターまでお越しください。
通学証明シールの貼付された学生証をJR定期券発券販売窓口に提示して購入してください。
年度が変わったり、裏面記載欄がいっぱいになりましたら、学生センターで改めて手続きを行ってください。

広島市近郊以外の公共交通機関の通学定期券を購入する場合は、学生証と当該の購入申込書を学生センターに持参してください。証明印を押印します。

二輪車での通学

二輪車(バイク・原付)及び自転車の通学については、事前に学生センターに申請し学長の許可が必要です。
駐輪場利用料1台につき通年500円を徴収しています。駐輪ステッカーの貼付していない学生車両の入構を禁止していますので必ず申請を行ってください。
学生の許可要件は下記のとおりです。
●二輪車(バイク・原付)は、該当車種の運転免許を取得していることおよび自賠責保険に加入していること
●自転車はとくにありません


安全運転の励行をお願いします。ヘルメット未着用の運転・定員オーバーの運転等絶対にしないでください。また、駐輪場は第一駐車場・第二駐車場にありますのでそれ以外の場所には、駐輪しないでください。
本学正門前の交差点は危険なため二段階右折になっています。
ルールを守って二段階右折を励行してください。
学内・外とも爆音をたてて走行しないこと、また、日中でもライト点灯走行を心がけてください。

盗難に対する注意

学内でも残念ながら二輪車(バイク・原付)等の盗難があります。エンジンキー・ハンドルロックだけに頼らず、U字ロック等の対策を講じてください。
また、鍵をつけたままにしないよう注意してください。
盗難防止のため、荷物やヘルメットをバイクの上に置いて離れる事もしないようにしてください。

自動車通学

本学では、構内に自動車を乗り入れ駐車する場合は、事前に申請し学長の許可を必要としています。学部学生の申請の条件は下記のとおりです。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(広島修道大学構内における自動車等の乗り入れ及び駐車に関する取扱要領より)
第5条 前条第3項に定める学生のうち学部学生については、次の各号に掲げる条件を満たさなければ申請することができない。ただし、学長が特別に認めた場合はこの限りではない。

  1. 二年生以上の者
  2. 自動車運転免許取得満1年以上を経過した者(ただし、広島市及び安芸郡府中町以外に居住する方は、1 年経過していなくても申請可能)
  3. 任意による対人の自動車総合保険(任意保険)に加入している者
----------------------------------------------------------------------------------------------

許可は1年毎の更新が必要となります。構内では道路交通法を守り、安全運転を励行してください。駐車についても指定された駐車区分に駐車して、違法駐車は絶対にしないでください。

注意

違反の多い学生には、許可の取消しや、更新の際許可しないことがあります。
学内の通行・駐車については管理者(警備員)の指示に従ってください。

駐車料金

駐車場利用料については、駐車場の管理・修理に必要な費用は利用者の負担(受益者負担)を原則としておりますので、大学学部生 ・大学院生は年額6,000円を徴収いたします。

登録方法等は適宜掲示によってお知らせしますので、注意しておいてください。
なお、大学院生の申請条件については、学生センターに問い合わせてください。

通学上の諸注意

幸神社前入口(野球場北)は、徒歩・自転車以外通行禁止です。自動車及び自動二輪・原付による出入りはかたく禁じていますので、ご協力ください。

正門閉錠について

通常、夜間の24時から翌朝6時までは、施錠しています。
夜間のキャンパス内の安全確保、学外者による暴走行為の防止など、学内施設の管理のため下記の時間、正門を閉鎖しています。

やむをえず、22時以降学内に残留する場合や、施錠以降に出入りする場合には、事前に学生センターに所定の「残留願」を提出し許可を受けてください。

  1. 22時30分から翌朝6時まで正門を閉鎖します。出入りの際には、各自門の開閉を行ってください。
  2. 事前に届出のない日の24時から翌朝6時までは、施錠します。
  3. 夜間に残留できるのは、サークル単位及び大学院生のみとします。

幸神社口の夜間閉鎖について

夜間、22時30分から翌朝6時まで幸神社(野球場北)を閉鎖していますので、利用時間に注意してください。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について