学生生活支援

TOPページ > 経済的に修学が困難な学生のための奨学金<経済困難(定期採用)>

経済的に修学が困難な学生のための奨学金<経済困難(定期採用)>

名称貸与・給付金額資格その他募集時期
日本学生支援
機構奨学金
(第一種)
貸与
(無利子)

※返還の義務あり
月額
[自宅生]
30,000円又は、
54,000円
[自宅外]
30,000円、
54,000円、
64,000円
の何れかから選択
・日本学生支援機構の無利息の奨学金で、特に優れた学生で経済的理由により著しく修学困難な者に貸与します。
・採用人数に制限があり、学力基準と家計基準で選考されます。
・毎年継続審査があります。
・貸与開始は4月になります。
4月上旬
日本学生支援
機構奨学金
(第二種)
貸与
(有利子)
(在学中は無利子)

※返還の義務あり
月額
30,000円、
50,000円、
80,000円、
100,000円、
120,000円
の何れかから選択
・日本学生支援機構の奨学金で、経済的理由により修学困難な者に貸与します。
・採用人数に制限があり、家計基準で選考されます。
・毎年継続審査があります。
・貸与開始月は4月~9月の間で選択可能。
4月上旬
広島修道大学
学習奨学金
貸与
(在学中は
無利子)

※卒業時又は
離籍時に
一括返還
月額
50,000円
・学力人物とも優秀であって経済的理由により修学困難であると認められるものに貸与します。
・日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていないもので、学力・家計基準を満たしている者。
・標準修業年限内の者。
・貸与期間:1年間
・貸与の継続を希望する時は、毎年申請する必要があります。
・離籍時に一括返還(ただし、本学が提携する銀行でローンを組むことができます。)

[1次募集]
4月上旬

[2次募集]
9月中旬
広島修道大学
同窓会奨学金
給付年額
200,000円
・修学意欲があるにもかかわらず家計困窮により学業の継続が困難と認められるもの。
・教員の推薦書が必要。
・外国人留学生及び広島修道大学緊急支援奨学金給付者を除く。
・学力・家計基準を満たしている者。
・採用人数:7名
・標準修業年限内1回限り。
・広島修道大学経済支援奨学金及び同一年度内に広島修道大学修学奨学金との併用不可。
6月上旬
広島修道大学
経済支援奨学金
給付年額
200,000円
・修学の熱意があるにもかかわらず、経済的事由により学業の継続が困難とされるもので、以下の全ての条件を満たしているもの。ただし、外国人留学生及び広島修道大学緊急支援奨学金給付者を除く。
(1)本学学部に在学する正規学生。
(2)標準修業年限内の者。
(3)広島修道大学学習奨学金・日本学生支援機構奨学金・地方公共団体・民間の奨学金等を貸与中又は申請中の者。
(4)学力・家計基準を満たしている者。
・採用人数:10名
・標準修業年限内1回限り。
・広島修道大学同窓会奨学金及び同一年度内に広島修道大学修学奨学金との併用不可。
9月中旬

※上記の応募資格を満たしていても奨学生に採用されない場合があります。あらかじめご了承ください。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について