学生生活・教育

TOPページ > 学生生活・教育 > 免許・資格一覧

免許・資格一覧

このページでは以下の項目について解説しています。
・教職課程
・社会教育主事課程
・学芸員課程(※2012年度入学生より課程廃止)
・キャリア支援講座
・保育士養成課程

教職課程

広島修道大学では、幼稚園・小学校・中学校・高等学校の免許状が取得できるよう、教育職員免許法に基づいて教職課程を開設しています。

社会教育主事課程
(人間関係学科・教育学科に在学する学生のみ対象)

社会教育主事とは、地方公共団体の教育委員会の事務局におかれる職員のうち、社会教育の指導、行政の中心的存在として、社会教育を行う人に専門的・技術的な助言と指導を与えることを任務とする専門職員のことをいいます。
具体的な仕事は広範多岐におよび、地域社会教育計画の総合的な立案から学習課題の設定、学習内容編成、社会教育職員や実践活動をしている人々への助言と指導、関係団体への支援と育成などがあります。
さらに公民館や体育施設・青少年婦人施設・生涯学習センター・社会教育情報センターなど社会教育関係施設の専門職員など、その活躍の舞台は広く深いものとなっています。

資格を取得するためには

社会教育実習(公民館)でのひとこま

大学に2年以上在学して62単位以上を修得し、社会教育に関する科目の単位を修得しなければなりません。(卒業時に「社会教育主事課程関係科目単位修得証明書」を交付します。)さらに地方公共団体の教育委員会で1年以上の社会教育主事補の職務経験を経て、社会教育主事となる資格を有することができます。
なお、この課程は人間関係学科・教育学科に在学する学生のみ履修できます。

キャリア支援講座(担当:キャリアセンター)

大学で学びながら、さらに自分の能力を向上させたい、将来役に立つ資格を身に付けたいと考える意欲的な学生のために、学内で受講できる「キャリア支援講座」を開催しています。

保育士養成課程

4年間をかけて、現代の保育・教育と人間形成に関わる諸問題に対応できる保育観・教育観と総合的な保育実践力を有した保育士を養成します ( 教育学科のみ)。保育士資格取得希望者には、資格取得のために必要な所定の科目の修得と小学校との接続を意識した科目の履修を義務付け、併せて、 幼稚園教諭一種免許状の取得も奨励します。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について