広島修道大学図書館

利用案内

文献・資料・情報検索

図書館情報

レファレンス・サービス

ご意見・ご質問


図書館NAVI 館内をダイジェストで紹介
音声ガイド付 音声ガイドなし
明治法曹文庫
My Library図書館トップ大学トップ

利用案内

開館時間  開館カレンダーはこちら

  授業期 夏・冬・春季休暇中
月〜金 月〜金
2階
3階
貸出・返却 8:45〜20:30 10:00〜16:00 10:00〜16:00 9:15〜16:30 - -
検索・閲覧
レファレンス 8:45〜16:45 - -
M2階 セルフラーニングルーム(自習室) 8:45〜21:30 8:45〜21:30 10:00〜16:00 8:45〜19:00 8:45〜19:00 -

貸出冊数と貸出期間

  学部生 大学院生 教職員 卒業生 学外者
貸出総冊数 制限なし 制限なし 制限なし 10冊 3冊
貸出期間
(うち閉架)
2週間(2週間)
3、4年生のための卒論貸出
2週間(2ヵ月) 2週間(2ヵ月) 2週間(2週間) 2週間(2週間)

貸出は、2Fカウンターあるいは自動貸出装置で手続きをしてください。
返却は、2Fカウンターで受け付けます。
ブックポスト(図書館M2Fと2F入口および教学センター入口に設置)を利用されても結構です。
なお、雑誌・辞書などの禁帯出の資料については、館外貸出はできません。

図書・雑誌・視聴覚資料の探し方

図書・雑誌・視聴覚資料は、OPACで探します。
新聞の所蔵は、こちらをみてください。

図書の貸出期間更新

図書資料については、一回に限り、引き続いて貸出期間を延長することができます。
貸出期間を更新したい場合、
図書館ウェブサービスMyLibraryで手続きをするか該当図書を持って2Fカウンターで手続きをしてください。
ただし、返却期限を過ぎている場合、次に予約がかかっている場合は、更新できません。

図書の予約

OPACで検索した結果、閲覧したい資料の状況が「貸出中」または「保留中」となっている場合、「予約」をしておくと、返却されたときに優先的に利用することができます。OPACの検索結果詳細画面内にある『予約』ボタンを押すと図書館ウェブサービスMyLibraryから予約ができます。
所在が「教員研究室」「院生研究室」の場合は『図書請求票』に必要事項を記入して、2Fカウンターに提出してください。
貸出可能になった時点で、予約者には、メール又は電話で連絡します。
なお、連絡後1週間を経過しても予約者が貸出手続をしない場合、予約を取り消します。

図書の購入希望

利用したい図書が本学図書館に所蔵されていない場合、本学学生、教職員であれば図書の購入希望を出すことができます。
図書館ウェブサービスMyLibraryから手続をするか、『図書購入申込書』に必要事項を記入し、2Fカウンターに提出してください。

購入の採否は図書館で判断し、購入しないこともあります。
希望図書の購入が決定し貸出可能になった時点で、優先的に利用することができます。
連絡後一週間を経過しても希望者が貸出手続をしない場合、開架閲覧室の書架等に配架します。

文献複写

著作権法の範囲内で、図書館所蔵の資料を複写することができます。
生協販売のプリペイド・コピーカードまたは現金で複写してください。
*複写は、調査・研究の目的に限り、本学図書館の資料の一部分について行い、一人一部に限ります。
*個人のノート、プリント類といった図書館所蔵以外の資料については、図書館では複写できません。
*資料の内容、形態によっては、複写できないものもあります。

卒論貸出

学部の3年生と4年生は、書庫内の図書に限り1ヶ月借りることができます(卒論貸出)。
貸出手続の際、2Fカウンターに「卒論貸出」と申し出てください。

書庫内検索

書庫内の資料についても、自分で検索して利用することができます。
但し、以下のような条件があります。

  1. 入庫対象者
    (1)本学教職員
    (2)本学大学院生、学部学生
       学生については、指導教員の許可は必要ありません。
    (3)学外者のうち本学卒業生および元専任教職員
    *学外者、単位互換生の方は入庫できません。
  2. 入庫方法
    (1)初回入庫時には、書庫内利用のガイダンスをします。
    (2)2Fカウンターにて、学生証と引き換えに入庫カードをお渡しします。
       教職員はそのまま入庫してください。
    (3)書庫には、2Fカウンター奥のエレベーターから入庫します。
    書庫内には、袋・カバン類は持ち込むことはできません。返金式コインロッカー(100円)に入れてください。
  3. 入庫人数制限
    入庫の人数を制限する場合があります。

レファレンス・サービス

学習・研究上さまざまな問題が生じた場合、その問題や調査の回答・解決方法などを援助しています。
代表的なものに、資料の所在調査、文献検索方法の案内、学外の図書館や研究機関等との相互利用サービスなどがあります。2Fカウンターの係員に遠慮なく相談してください。

また、図書館ホームページ「レファレンス・サービス」の参考質問(オンライン申込)を利用すると自宅からでもレファレンス・サービスを受けることができます。

相互利用

探している資料(図書・雑誌・紀要等)が本学図書館に所蔵されていない場合には、所蔵している他機関に依頼して、複写物の取り寄せや図書を借け受ることができます。ただし、文献複写料金や郵送料等の必要経費は、自己負担です。

申込方法
  1. 図書館ウェブサービスMy Library内の「文献の複写」「資料の借用」から申し込む。
  2. 2階レファレンスカウンターにある『文献複写申込書』『学外図書借受依頼申込書』に必要事項を記入して申し込む。

他大学図書館等を利用する場合には、『図書館資料の利用について』(紹介状)を発行します。
詳細については、2Fカウンターでお尋ねください