修了生インタビュー(石井誠一郎先生)