法律学科
Department of Law

法律学科の学び

幅広く法律科目を学び、それぞれが独自の視点を養うことが可能。

学生一人ひとりがめざす将来に応じて学びを深めていけるよう、幅広い法分野の科目が履修できるカリキュラムを設けています。さまざまな科目を学びながら、それぞれがルールに基づいた合理的な考え方=「リーガルマインド」を養成することを学科の目標とし、インターンシップやオフィスアワーの機会も用意しています。

学びのポイント

  • 裁判傍聴など、法の現場体験の機会が豊富
  • リーガルマインド養成講座を実施
  • 基礎演習・ゼミナールで少人数学習を徹底

教育内容の流れ

1年次
学修技術を
身につけながら
法学の視点で社会を見る
裁判傍聴セミナーへの参加や作業課題を通じて法学の基礎を学び、社会のさまざまな問題に関心を広げます。
2年次
社会の諸問題に
関心を持ち、
専門領域を広く深く
学んでいく
社会問題への関心や将来像に応じて幅広い領域を学び、自分の知識を広め、深めていきます。
3年次
法学の知識・技能を
高めつつ、ゼミで
自分のテーマを研究する
より高度で発展的な法学の知識や思考力を身につけながら、少人数ゼミナールで興味のあるテーマについて追究していきます。
4年次
4年間の学びを
集約する
研究してきたテーマをまとめ、卒業研究や5年プログラムに挑戦します。

ピックアップ・カリキュラム

幅広い選択ができる科目群

2年次は特定科目だけを必修にするのではなく、幅広い領域を発展的に学びます。

基礎法
法に関する基礎的研究を行うことを目的とし、その歴史や法制度誕生の背景を探ります。
公 法
憲法や行政法など、国の政策決定などを方向づける法律について学びます。
民事法
生活に密接に関わる民法を中心に、時代によって変わる法解釈について議論します。
国際関係法
国際法を中心に、国際社会における諸問題に関する条約や制度について学びます。
刑事法
犯罪に対して適用される刑事法について、最新の判例などを通して理解を深めます。
企業法
商法、労働法など、企業が活動する上で遵守すべき法律について理解を深めます。

Pick up Study

山﨑 俊恵 准教授

法律基礎B(刑事裁判のしくみ)山﨑 俊恵 准教授

一般市民にも関わりのある
刑事裁判についての全体像を把握。

犯罪があった場合の刑事手続の流れやその原理・原則を中心にしながら、裁判員制度や犯罪被害者保護のための制度についても学びます。

進路・就職について

多様な分野で専門性を発揮

多様な進路の中から、興味のある分野を選ぶことができます。

進路データ

法律学科の進路データ

主な内定先

●国税専門官 ●国家公務員一般職 ●山陰中央テレビジョン放送 ●西日本旅客鉄道 ●日本銀行 ●日本郵政 ●野村證券 ●廿日市市職員(行政事務) ●広島県警察官 ●広島県職員行政(一般事務) ●広島市職員Ⅰ種(行政) ●広島電鉄

成長実感メモ

4年間で何を身につけ、どう変化したと思いますか?

小桝 早紀

国家公務員一般職(国土交通省中国運輸局)

小桝 早紀
2017年3月卒業 広島市立基町高校出身

世の中のルールである法律を学んだことで、世の中の事件や出来事の本当の問題点が、メディアで報じられていないところにあるのではないかと考えるようになり、以前はなかった視点を持つことができました。新しい視点を活かし、ゼミでは雇用、経済、家庭、企業などと地域との関わりを実感しながら、地域を活性化するために法律をどう活用するかを議論。専門性を磨くだけでなく、多角的な視点で課題解決に取り組む姿勢を身につけることができました。

林 宏樹

中電プラント株式会社

林 宏樹
2017年3月卒業 広島県・広島なぎさ高校出身

幅広い分野を学ぶ中で自分の興味・関心を見つけることができ、自ら学びを深めていくことができたと思います。私は2年次までの授業で国際法に興味を持ち、3年次以降は国際法から見る核軍縮について研究を行いました。ゼミ仲間と議論をしたり、図書館で資料を調べたり、興味のあることだからこそ日々楽しみながら知識を深めることができました。社会人になってからも自分から積極的に学び続け、会社や地域に貢献できる人をめざしたいと思います。

法律学科