法学部

法律学科

いま、法学を学ぶ意味とは?

新陳代謝×法学

変わることを怖れず、変わらないことにも安住せず、
生きているこの時代に合う“ルール”や解釈を、
追い求める努力をしましょう。

「法は不変のもの」と、あなたも、そんなふうに思っていませんか?
それは、正しくもあり、間違いでもあります。なぜなら、法律の条文には変わらないものも多くありますが、その解釈は、時代により変化することがあり、さらに、条文や法律が新しくなることもあるからです。法学は、法律の世界に限らず、国、社会、組織において物事の判断基準になる“ルール”はあるか、それは何かを考え、解釈し、今を生きる私たちにとって最適な答えはどうあるべきかを探る学びです。
法学部で学ぶ皆さんには、さまざまな法律の知識とともに、裁判所判決の学習を通じて、法律の適用実例を丁寧に学び、社会の“ルール”について柔軟に考える力を身につけてほしいと思います。

学部の特徴

教育研究上の目的

法に関する知識や論理的な思考の修得・涵養、多様な価値観から合理的なものを選択する判断力の養成を通じて、新たな問題に対処できる能力を持つ良識ある市民の育成を目的とする。

1 確かな基礎知識
授業科目の例 文献、新聞記事などから必要なスキルを学ぶ 法律基礎A さまざまな法分野の特徴を把握する 法律学概論
専門の土台となる法律学の基礎知識をしっかりと修得できるカリキュラムを用意しています。
2 実践的な教育
写真
裁判の傍聴、公務職場でのインターンシップなど、現場で学ぶ機会が充実しています。
3 成績優秀者は早期卒業も
要件の例 卒業所要単位のうち A以上の評価が100単位以上 2年次終了時点で 80単位以上を修得 (そのうちA以上が52単位以上)
成績優秀者は、3年次終了時点で大学院への進学が可能な「早期卒業」の制度を利用できます。

学部の特色ある授業

インターンシップ

時代がどんな能力を求めているのかを、
社会に聞いてみよう!

変化が早い現代社会では、求められる人材像もすぐに変わっていきます。そうした社会のニーズを知った上で自分のスキルを高める機会がインターンシップ。法律学科では司法書士事務所、社会保険労務士事務所、公務職場でのインターンシップを豊富に用意しており、法律を実地で学び、自分の力に変えていくことができます。

写真

3つのポリシー

学部概要

法学部