ボランティア
活動支援

平成30年7月豪雨災害に伴うボランティアの
参加を考えているみなさんへ

「平成30年7月豪雨災害」に関する復旧支援へのご協力のお礼

「平成30年7月豪雨災害」の発災以降、多くの皆様に災害復旧支援ボランティア活動に対するご支援を賜り、
心から御礼を申し上げます。お陰様で坂町および安佐北区白木地区にボランティアバスを12回派遣し、
延べ180名を超える学生、教職員の皆様に精力的にご参加いただきました。支援に入らせていただいた場所は、
発災当初と比べると被害の様相が大きく変化し、少しずつですが確実に、復旧・復興に向けて進んでいます。
 現在のボランティア内容は、被災された方々の日常生活支援やコミュニティづくりといった復興支援活動が
中心となりつつあります。今後のボランティア活動の内容や募集方法は被災地域によって異なりますので、
ピア・カウンターにて情報を随時提供いたします。
 これまでにご参加いただいた皆様、また、今後の参加をお考えの皆様には、被災地の現状をご理解いただき、
引き続き被災された方々の生活再建に向けたご支援・ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

今後も本センターによる被災地支援に向けた活動に、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

※今回の災害復旧支援ボランティア活動は、日本財団学生ボランティアセンターの協力のもと実施いたしました。


ひろしま未来協創センター

平成30年7月豪雨災害 学生ボランティアを募集します

ひろみらセンターでの募集は9月末をもって一旦終了となりました。皆様のご協力誠にありがとうございました。
ボランティアバス運行(坂町)
ボランティアバス運行(安佐北区白木)
他機関主催のボランティア情報
⇇他機関ではまだまだ募集しています。ご協力宜しくお願いします。

ボランティアバス運行(坂町)

≪募集内容≫
活動日【募集締切】:
 ①8月3日(金)  <締切終了>
 ②8月7日(火)  <締切終了>
 ③8月17日(金)  <締切終了>
 ④8月21日(火)  <締切終了>
 ⑤8月28日(火)  <締切終了>
 ⑥9月11日(火)  <締切終了>
 ⑦9月22日(土)   <締切終了>
 ⑧9月29日(土)   <締切終了>


活動場所:安芸郡坂町
募集人数:各回最大25名(先着順)
     ※5名に満たない場合は中止になる可能性があります。
活動内容:土砂かき、被災家屋の清掃などが想定されますが、具体的な活動内容は当日決定します。
集合時間:8時00分
集合場所:JR横川駅 北口
     ※横川駅から活動地までは、大学が準備したバスで向かいます

■ボランティア活動保険について
 大学として派遣する活動については、大学を通して加入手続きを行いますので、各自加入の必要はありません。

■準備物について
 当日の昼食(必ず保冷剤・保冷バックと一緒に)、飲料水を必ず持参してください。
 着脱可能な長袖、長ズボン、厚手で長めのゴム手袋、長靴、帽子、タオル、マスク、着替え(上下とも)は必須です。
 ※現地調達はできません。必ず事前に準備をしてご参加ください。

■注意事項
 ・当日の天候の状況により、急遽活動が中止になる場合があります。
  活動中止を事前に判断できる場合は、各自メールでご連絡しますが、現地へ到着後、中止を判断する場合もあります。
 ・集合時間は厳守です。公共交通機関の遅延等の理由に関わらず、時間までに間に合わない学生への個別対応はできません。
  ・各地域での活動は、十分な熱中症対策を考慮し活動を実施しています。

≪申込方法≫
下記メールアドレスにお申込みください
vowjhr@js.shudo-u.ac.jp
*メールの件名は「●/●●(←希望する活動日)ボラ申込」
*メールの本文には、「学籍番号」「名前(ふりがな)」「電話番号」「メールアドレス」
 「ボランティア活動保険にすでに入っているかどうか」「住所」の6点を必ず記入してください
*サークル、ゼミ単位で参加したい場合は、その旨をメール本文に記載してください。


※今回の災害復旧支援ボランティア活動は、日本財団学生ボランティアセンターの協力のもと行っています。

ボランティアバス運行(安佐北区白木)

≪募集内容≫
活動日【募集締切】 :
①8月10日(金) <締切終了>
 ※注※ 8/10(金)の派遣先が変更になりました。(安佐北区白木地区→坂町)ただし、集合時間・場所は変更ありません。
②8月24日(金)  <※台風の接近に伴い中止>
③8月31日(金) <締切終了>
④9月7日 (金) <締切終了>
活動場所:安佐北区白木
募集人数:各回最大25名(先着順)
     ※5名に満たない場合は中止になる可能性があります。

活動内容:土砂かき、被災家屋の清掃などが想定されますが、具体的な内容は当日決定します。     
※注※
8/31(金)の活動内容は、狩留家集会所にて被災された方との交流カフェに決定しました。
     土砂かきなどの作業はありませんので、各自準備物等ご注意ください。
     詳しい内容・準備物は申込後の参加決定メールにてお知らせいたします。


集合時間:8時00分
集合場所:広島修道大学 5号館前 第一駐車場電話ボックス前周辺
     ※活動地までは、大学が準備したバスで向かいます。

■ボランティア活動保険について
 大学として派遣する活動については、大学を通して加入手続きを行いますので、各自加入の必要はありません。

■準備物について
 当日の昼食(必ず保冷剤・保冷バックと一緒に)、飲料水を必ず持参してください。
着脱可能な長袖、長ズボン、厚手で長めのゴム手袋、長靴、帽子、タオル、マスク、着替え(上下とも)は必須です。
※現地調達はできません。必ず事前に準備をしてご参加ください。

■注意事項
 ・当日の天候の状況により、急遽活動が中止になる場合があります。
  活動中止を事前に判断できる場合は、各自メールでご連絡しますが、現地へ到着後、中止を判断する場合もあります。
 ・集合時間は厳守です。公共交通機関の遅延等の理由に関わらず、時間までに間に合わない
  学生への個別対応はできません。
 ・各地域での活動は、十分な熱中症対策を考慮し活動を実施しています。

≪申込方法≫
下記メールアドレスにお申込みください
vowjhr@js.shudo-u.ac.jp
*メールの件名は「●/●●(←希望する活動日)ボラ申込」
*メールの本文には、「学籍番号」「名前(ふりがな)」「電話番号」「メールアドレス」
 「ボランティア活動保険にすでに入っているかどうか」「住所」の6点を必ず記入してください
*サークル、ゼミ単位で参加したい場合は、その旨をメール本文に記載してください。


※今回の災害復旧支援ボランティア活動は、日本財団学生ボランティアセンターの協力のもと行っています。

他機関主催のボランティア情報(大学受付分)

募集内容 実施主体 実施日 締切日 要項
平成30年度7月豪雨災害「広島ボランティアバスプロジェクト」【第6便】 広島県被災者生活サポートボランティアセンター 広島県社会福祉協議会 2018年10月3日(水)、4日(木)、6日(土)、7日(日) 詳細はWEBサイトをご確認ください。 WEBサイト
呉市でのボランティア募集 くれ災害ボランティアセンター 詳細はWEBサイトをご確認ください。 詳細はWEBサイトをご確認ください。 WEBサイト
安芸区でのボランティア募集 安芸区災害ボランティアセンター 詳細はWEBサイトをご確認ください。 詳細はWEBサイトをご確認ください。 WEBサイト
安佐北区でのボランティア募集 安佐北区災害ボランティアセンター 詳細はWEBサイトをご確認ください。 詳細はWEBサイトをご確認ください。 WEBサイト
竹原市でのボランティア募集 竹原市社会福祉協議会 詳細はWEBサイトをご確認ください。 詳細はWEBサイトをご確認ください。 WEBサイト
被災地域の子どもと子育て家庭を支援する「イクちゃんこども応援プロジェクト」 広島県庁 子育て・少子化対策課 夢プラン推進グループ 各市町村・場所による
※詳細はWEBサイトをご確認ください。
要問合せ WEBサイト

平成30年7月豪雨災害に伴う、被災地でのボランティアの参加を考えている学生のみなさんへ

西日本を中心とした豪雨被害におきまして犠牲になられた方々には心からご冥福をお祈りするとともに、
被災された方々には心からお見舞い申し上げます。

≪被災地でのボランティア参加を考えている学生のみなさんへお願い≫
●被災地に迷惑をかけないようにするためにも、自分の判断だけで活動するのではなく、
 まずはボランティア窓口となる災害ボランティアセンター等で情報を集めてください。
●土砂災害等による二次災害の危険性があります。
 ボランティアへの参加を検討する場合、心身ともに万全の状態で参加できるかどうかを
 慎重に判断し、自身の安全確保を最優先に考えてください。

以上のことを理解の上、ボランティアに参加する場合は、以下の①~④に十分注意して参加してください。

①各地の災害ボランティアセンター等を通じて活動を行うこと
現地でのボランティア活動については、大学もしくは被害が発生した地域の自治体等が設置する
 「災害ボランティアセンター」及び「社会福祉協議会」がとりまとめを行っていますので、
 募集情報を確認して参加してください。
参加にあたっては、移動手段を安全かつ十分に確保できるエリアであるかを確認の上参加してください。
参加条件、必要な装備、活動内容は被害地域の状況により異なります。
今後も多くの市民ボランティアが現地入りする場合が予想され、参加しても必ずしもボランティアとして
 活動できるニーズがあるとは限りません。事前に情報をよく確認の上で参加してください。

②ボランティア活動保険に加入すること
ボランティアに参加する際は、現地入りする前に「ボランティア保険」に加入したうえで
 活動してください。
保険の加入は、活動前までに、お住まいの市区町村社会福祉協議会で申請してください。

③活動をする際の装備等の準備について
活動のための装備や、活動中の食事については、募集情報にある指示に従い、すべて自分自身で
 確保できる状況を整えた上で、現地に入るようにしてください。

④活動についての相談・問い合わせについて
大学では、ひろしま未来協創センターで、今回の災害に関する情報収集を行っています。
 もし、団体・グループとして災害ボランティアに関わっていきたいと考えている場合や初めて
 ボランティア活動に参加する場合は、ひろしま未来協創センターへ相談してください。

関連リンク

災害ボランティアセンター/ボランティア募集情報 ※随時情報が更新されます

こちらのページも参考にしてください

ボランティアに関する大学内の相談・問合せ窓口

ひろしま未来協創センター(協創館地下1階)
電話:082-830-1409/082-830-1114
※土日祝日、8/11~19は対応不可