ひろみらイノベーションスタジオ

地域がそれぞれの特徴を生かした自律的で持続的な社会を創生するために、大学が地域課題を学問的・実践的に紐解き、その解決の方途を、当事者意識を持つ多様な関係者が集まって議論をし、共に解決への行動を起こす場「ひろみらイノベーションスタジオ 」(以下「スタジオ」という。)を支援します。また、各スタジオが講演とワークショップからなるレクチャーを開催します。

2018年度認定スタジオ

スタジオ名 ディレクター プロジェクト概要
まちのにわプロジェクト 三浦 浩之 北広島町の「役場周辺地域のまちづくり構想」では、町役場に隣接し、歴史・文化施設や医療施設、民間商業施設とも接している、現在の「千代田グラウンド」辺りを【コアゾーン】として町全体の中心核に位置付け、近接の各施設と連携することで「多彩な活動・交流等を生み出す場」、「自分の家の庭のように『憩う』ことができる『まちのにわ』として、誰もがいつでも気軽にふらりと訪れる場」としようとしている。そこで、この『まちのにわ』が、自ずと人々が集い交流し、まちの未来のことを考え、行動する空間になるために、様々な取り組みを千代田グラウンドで社会実験として実施し、人の動き、ニーズの把握、賑わいの創出効果などを検証していく。
エリマネラボひろしま Area Management Lab Hiroshima 田坂 逸朗 広島都心部の紙屋町・八丁堀地区などにおいては、エリアマネジメントによる都心再生の機運が高まっています。このためエリアマネジメント活動のさらなる普及・推進にむけて、実務者を中心としたメンバーでエリアマネジメント事業の構築プロセスを検討し、具体的なアクションへの橋渡しを試みます。
検討にあたっては、①持続可能なエリアマネジメントのあり方について、社会実験など実務受注の体制づくりの研究、②エリアマネジメント団体間のネットワーク強化、③エリアマネジメント活動を担うプレイヤーおよびマネジャー(事務局)に対する財源確保手法(マネタイズ)の検討、④エリアマネジメントに関わるマネージャーの育成とプレイヤーの発掘の4項目に重点を置きながら実施します。
豊栄プロジェクト-記者くらす- 木原 一郎 東広島市豊栄で進行中の「豊栄プロジェクト」を通して、協創型の情報収集・発信のあり方を模索するスタジオです。
株式会社サタケが総合企画・運営を行い、地元の産学官が協力する豊栄プロジェクトでは、豊栄町民の健康寿命を日本一にすることを目標に、地産地消型飲食事業「豊栄くらす」といった取り組みを「豊栄にかかわる全ての人を幸せにするための活動」として位置付け、「くらす」をキーワードに豊栄で「はじめる、学ぶ、体験する」ための実践的試行錯誤を繰り返しています。
今回のスタジオ「記者くらす」では、地元の賀茂北高校の生徒とともに、活力や創造性が豊かな地元住民との交流を通して、地域に埋もれている魅力やコトを再価値化し、高齢者のUIJターン促進につながる独自の情報収集・発信のあり方、特に今年度はプロセス構築を主題として研究実践します。

2018年度
イノベーションレクチャー

= まちのにわプロジェクト =
「有田川という未来」に学ぶ市民参画の形

【日時・内容】
 2018年12月11日(火)17:30-19:00
 <講演> 17:30~18:30
  「有田川という未来」に学ぶ市民参画の形
  <ワークショップ> 18:30~19:00
  「まちのにわ」の今後の展開
【会場】 北広島町役場
【講師】 有田川町役場 企画調整課 主任 高垣昌弥 氏
【参加費】 無料
【申込み】 不要
【問合せ】 広島修道大学 ひろしま未来協創センター 
【主催スタジオ】 まちのにわプロジェクト

【講師略歴】
平成11年金屋町役場に入庁
金屋町役場税務課
吉備金屋清水3町合併協議会
(平成の大合併により有田川町が誕生)
有田川町役場教育委員会学校教育課
有田川町役場教育委員会社会教育課
企画調整課(企画財政課):6年目

詳しくは下記チラシをご確認ください

  • 12月11日開催イノベーションレクチャーチラシPDF(3.55MB)
  • = まちのにわプロジェクト =
    地域サイズで必要とされる、まちびとプロジェクト、「まちのにわ」をつくるとしたら

    【日時・内容】
     2018年12月21日(金)14:50~16:20
     <講演> 14:50~15:50
      地域サイズで必要とされる、まちびとプロジェクトが、
      「まちのにわ」をつくるとしたら
      <ワークショップ> 15:50~16:20
      「まちのにわ」の生み出し方
    【会場】 本学 8号館地下1階(ひろみらスタジオA)
    【講師】 まちびと会社 VisionAreal-ビジョナリアル- 共同代表 おきな まさひと氏
    【参加費】 無料
    【申込み】 不要
    【問合せ】 広島修道大学 ひろしま未来協創センター 
    【主催スタジオ】 まちのにわプロジェクト

    【講師略歴】
     福岡県久留米市を軸に「じぶんが好きなことを、好きな場所で、好きな人たちとの暮らす」じぶんサイズな人たちを「まちびと」と呼び、地域で無理のないプロジェクトづくりを仕事とし、各地の地域コーディネーター活動を行う。

    詳しくは下記チラシをご確認ください

  • 12月21日開催イノベーションレクチャーチラシPDF(288KB)
  • = エリマネラボひろしま =
    広島におけるエリアマネジメントの立ち上げプロセスとその実務に関する考察

    ■ 修了しました ■
    【日時・内容】
     2018年10月9日(火)13:00~16:00
    【会場】 本学 5号館3階(5303教室)
    【講師】 リージョンワークス合同会社 後藤 太一 氏
    【参加費】 無料
    【問合せ】 広島修道大学 ひろしま未来協創センター 
    【主催スタジオ】 エリマネラボひろしま

    【講師略歴】
     1969年世田谷区生まれ。東京大学都市工学科卒業後、鹿島建設入社。UCバークレー校都市地域計画学科終了後にオレゴン州ポートランド都市圏自治体「メトロ」成長管理局にて、科学的な不動産市場政策の立案に従事。2003年に福岡に拠点を移し、We Love天神
    協議会、天神明治通り街づくり協議会、福岡地域戦略推進協議会、神山つなぐ公社(徳島県)などの官民連携パートナーシップを立ち上げ軌道に乗せる。複数の開発事業に携わる一方で、全国エリアマネジメント協議会大都市部会長をつとめ、渋谷未来デザイン、渋谷
    駅前エリアマネジメント協議会などにも関わる。一級建築士、米国認定都市計画士(AICP) 、国際都市開発協会(INTA)理事。

    詳しくは下記チラシをご確認ください

  • 10月9日開催イノベーションレクチャーチラシPDF(265KB)