後援会総会報告

2016年度後援会総会

-2016年5月21日(土) 於:修大講堂-

2016年5月21日(土)10:00~ 本学講堂におきまして、後援会総会を開催いたしました。当日は、260名のご出席をいただきました。
総会の詳しい議事報告につきましては、後日、『後援会だより』に掲載し、会員の皆様にお届けする予定です。

Ⅰ. 後援会総会 10:00~10:40

修大講堂

総会では、2015年度決算と2016年度予算及び新評議員の選出が承認されました。

後援会総会次第
1.会長あいさつ
2.学長あいさつ
3.議案
(1)広島修道大学後援会会則の改正について
(2)2015年度事業報告ならびに決算について〈会計監査報告〉
(3)2016年度事業計画ならびに予算について
(4)評議員選出について
(5)その他

Ⅱ. 大学の現状と課題説明 11:00~11:20 修大講堂

総会に引き続き、市川学長による大学現状説明「2015年度を振り返り2016年度を展望する」が行われました。

Ⅲ. 講演会 11:20~12:20 修大講堂

講師: 蔵本 順子 氏(株式会社序破急 代表取締役社長) 
テーマ:「仁義ある映画人生」

株式会社序破急代表取締役社長の蔵本順子氏による講演会「仁義ある映画人生」が行われました。蔵本氏は広島市内で八丁座、シネツインなどの個性的な映画館を経営されている方で、講演ではご自身の映画館経営にまつわる経験談やエピソードが語られ、ユーモア溢れる話の中にも映画に対する強い信念が感じられました。

Ⅳ. 会員昼食会 12:30~13:20 アルカディア(食堂)

アルカディアにおいて会員昼食会が行われました。

Ⅴ. 大学プログラム「広島修道大学の教育-地域連携・課題への取組み-と就職」 13:30~14:30 3101教室

昼食会をはさんで午後からは、3101教室に場所を移し「広島修道大学の教育-地域連携・課題への取組み-と就職」と題した大学プログラムが行われました。最初に本学の教育の柱のひとつである地域連携・課題への取組み事例が、ひろしま未来協創センターより紹介され、続いて昨年度から今年度にかけての就職状況について、キャリアセンターより説明が行われました。しっかりとした教育の上に就職があるという説明に対し、出席された保証人の方は熱心に耳を傾けられていました。

ページトップへ