大学広報
University Public Relations

活躍するOB・OG

広島の文化を全国・世界に発信
佐々木 茂喜
商学部 管理科学科 1982年卒業
オタフクホールディングス
代表取締役社長

世界に平和と健康を。お好み焼文化が秘める大きな可能性を信じて。

サーフキャスティングサークルの合宿にて。
(写真右端が本人)

お好み焼は、戦後焼け野原だった広島の復興を支えた歴史を持ち、平和のメッセージ性を持つ郷土料理です。その上、小麦、卵、野菜、肉を使うので、1品でバランス良く栄養を摂取できる健康食でもあります。いわば、平和な世界と健康な暮らしの両方に貢献する可能性を秘めている、というわけです。私はソースを売るという本業の延長線上に、お好み焼文化を全国、世界に広めることで世界を平和にするという大きな夢を描いています。皆さんも広島修道大学で学び、社会のために何ができるかを考えてみてはどうでしょうか。

関連リンク