情報公開
Information Disclosure

各種方針について

広島修道大学では、「道を修める」という建学の精神に基づき、「地球的視野を持って、地域社会の発展に貢献できる人材の養成」を理念、教育目標として掲げ、その実現のために以下の方針を定めています。

1.内部質保証の方針及び手続

1)方針
広島修道大学は、高等教育機関として、社会構造の変化、人口減少、グローバル化の進展等に伴う社会的要請に対応するため、自らの責任において教育研究水準の維持・向上を図る、内部質保証の取組を恒常的に推進する。

2)責任・役割
①大学全体の内部質保証は、学長の責任の下、大学評議会、大学運営会議等を最終審議機関と位置づけ、大学全体に関わる中期・各年度の事業計画の策定、全学的課題の解決策の作成などを行い、各部局・各種委員会・プロジェクト等を通じて実施するとともに、広島修道大学自己点検・評価委員会が主体となり点検・評価を行うことにより、すべての構成員が連携・協力して推進する。

②各学部・各研究科の内部質保証は、学部長、研究科長の責任の下、教授会、研究科委員会等の各審議機関において、事業計画の策定、個別課題の解決策の作成などを行い、各学部・各研究科において実施するとともに、各学部・各研究科の自己点検・評価委員会が主体となり点検・評価を行うことにより、各組織における構成員が連携・協力して推進する。
 
3)手続き・運用
内部質保証は、各年度事業計画の策定にはじまる、一連のPDCAサイクルにより推進する。具体的には、計画策定から達成報告に至るまで定期的な点検・評価を行い、その結果を適宜改善・向上に結びつける等、速やかかつ柔軟な運用を行う。

2.学位授与方針・教育課程の編成方針

1)学位授与の方針
広島修道大学は、学生一人ひとりが「地球的視野を持って、地域社会の発展に貢献できる人材」とな
ることができるよう、以下の3点を学士課程教育において身につけるべき学士力として明示する。

①知識と技能
講義、ゼミナールなどでの読む・聴く・書く・話すことの反復をとおして、各学問分野の知識を収集・整理・理解し、分析・表現することができるようになること。
②思考力・判断力・表現力
修得した知識と技能をもって、自ら課題を発見し、課題の解決に取り組み、その成果を表現するために必要な思考力・判断力・表現力等の能力を持つようになること。
③多様な人々との協創
グローバル化及び人口減少が進んでいくわが国において、主体性をもって多様な人々と協創して学びあう態度を養うこと。

2)教育課程の編成方針
広島修道大学は、学生一人ひとりが円滑に大学での学修を開始し、学士課程をとおして深い学識を身につけ、「地球的視野を持って地域社会の発展に貢献できる人材」となることができるよう、以下の3点を教育課程の編成方針として明示する。

①基礎から発展へ
学士課程教育に必要な基礎的な知識や技能を身につけるために、初年次教育科目を置きます。高度な知識や技能を修得するために、各学問分野の主専攻科目を体系的に開設し、主体的な学修を促し、グローバル化や情報化の進展にも対応した教育プログラムを設ける。
②視野の拡大
豊かな人間性を培い、思考力・判断力・表現力を養うために全学共通教育科目を開設し、他の学部・学科・専攻の主専攻分野を専門的に学ぶことのできる副専攻制度を設ける。
③経験の拡充
実社会・地域社会や主体性をもって多様な人々との協創を学ぶために、課題解決型実習科目・キャリア教育科目を設け、多様な価値観や異文化を理解するためにグローバル教育科目及び留学制度を充実させる。

3.学生の受け入れ方針

広島修道大学は、「地球的視野を持って地域社会の発展に貢献できる人材」となることができる可能性を持った人を受け入れるため、以下の3点を学生受け入れの方針として明示する。

①入学者に求める能力
世界、日本及び地域社会に関心を持つ人、商業、経営、経済、情報、文化、言語、社会、教育、心理、健康、法律、国際政治、環境、地域行政等に関心を持つ人、スポーツ・文化活動・ボランティア活動に取り組む人、多様な人々と協創して課題を解決しようとする人を広く国内外から求める。
②入学試験制度と評価
本学の各学科・専攻で学ぶために必要な知識・技能、思考力・判断力・表現力を見るために、(1)一般入学試験、(2)大学入試センター試験利用入学試験、(3)一般・センター併用入学試験を実施します。上記の要素に加え、多様な人々と協創して学ぶ態度を見るために(4)AOインターアクション入学試験、(5)公募推薦入学試験、(6)指定校推薦入学試験・附属校推薦入学試験、(7)社会人入学試験、(8)帰国生入学試験、(9)外国人留学生入学試験、(10)編入学試験、学士入学試験などの入学試験を実施する。
合格判定にあたっては、大学入試センター試験、個別学力検査、調査書、面接、出願書類等を組み合わせて多面的・総合的に評価する。
③本学の教育を通じて養う能力
本学の教育目標を実現するために必要な知識と技能を習得し、課題発見・課題解決に取り組み、その成果を表現するために必要な思考力・判断力・表現力を持ち、多様な人々と協創して学びあう能力を身に付けた学生を育成する。

4.求める教員像及び教員組織の編成方針

1)求める教員像
広島修道大学において教育・研究に携わる教員には、本学教員としての誇りをもち、大学教員の職業倫理の基盤となる基本的人権の尊重と知的誠実性に立脚しつつ、理念、教育目標の実現に向けた職務の遂行が求められる。

①法令及び学内諸規則を誠実に遵守し、教育理念の実現に努める教員
②学生の信頼に応え、知的営みの先達として、学生の学習する権利を擁護するとともに、本学が定める教育プログラムに則り教育活動を展開する教員
③教職員を問わず同僚に対し、尊敬の念をもって接し、本学の業務が円滑に遂行できるよう、良好な信頼関係の構築に努める教員
④大学教員に保障されている「学問の自由」が、責任を伴うものであることを自覚し、真理の探究を通じて社会に貢献する教員
⑤自己の専門分野の知識や経験を社会に還元するよう努め、公共の福祉と文化の向上に寄与する教員

2)教員組織の編成方針
広島修道大学は、「教育研究上の目的」を踏まえた、「学位授与の方針」「教育課程の編成方針」を実現するために必要な教員組織の編成方針を定める。

①「大学設置基準」「大学院設置基準」を踏まえて適切に教員を配置する。
②収容定員に対する各学科教員一人あたりの学生数に配慮する。
③年齢、性別、職位等の構成において著しく偏ることのないようバランスに配慮する。
④国際化への対応、地域課題への対応を考慮する。
⑤教職課程等、全学の資格課程を置く学科について配慮する。
⑥新設学部等においては安定的運用に至るまで配置教員数に配慮する。
⑦教育上主要と認める授業科目については、原則として専任教員が担当する。
⑧教員の募集、採用、昇任等においては、「教員選考規程」「教員選考細則」等に基づき、適宜、推薦委員会(教員推薦委員会)、審査委員会及び判定会議を設け、公正かつ透明性の高い運用を行う。
 (ただし、学部等の新設・改組を伴う場合には、設置準備委員会等にて教員の募集、採用等を行う。)

5.学生支援の方針

本学のすべての学生が学生生活を通して豊かな人間性を涵養し、その資質及び能力を十分に発揮することを目的として学生支援に関する方針を定める。

1)修学支援
①学習相談、指導及び初年次教育の実施に取り組む等、学生の主体的な学びを支援する。
②学内外における活動(海外留学、地域連携活動、ボランティア活動、サークル活動等)を促し、学生個々の目標にあわせた多様な成長機会を設ける。
③単位僅少者、休学者、卒業延期者等の状況把握を行い、それぞれに充実した学生生活を送ることができるよう、関係部局が連携して適切な対応を行う。

2)生活支援
①学生の心身の健康を維持増進するため、健康相談、専門的な適応援助等を適切に行う。
②学生が快適で安全な学生生活を送れるように、学生の人権を保障し、ハラスメントの防止を徹底するとともに、様々な危機管理、危機対応の啓蒙活動に努める。
③障がいのある学生、留学生など多様な学生が、快適な学生生活を送れるように支援する。
④家計の急変等、経済的に修学が困難な学生に対して、学内外の奨学金等を通じた支援をする。

3)進路支援
①変化の激しい21世紀社会において、想定外の変化に対応し、自ら人生を拓き続ける力を涵養するキャリア形成支援を展開する。
②生涯を通じて社会に貢献する人材を輩出するために、一人ひとりの学生が納得できる就職等進路選択の支援を体系的に実施する。

6.教育研究等環境の整備方針(研究活動支援並びに環境整備方針)

1)研究活動支援
本学教員の研究環境の整備に努めるとともに、個人研究費の交付や外部資金獲得の支援、成果物の刊行助成、論集の刊行のほか、派遣等による研究機会を提供等の支援を行う。これらの研究活動が適正なものとなるよう、関連の指針や規程等を定め、運用する。また研究成果の社会への還元を広く積極的に行い、本学の研究に対する社会的評価の向上に努める。
本学大学院生についても研究環境の整備に努め、論集の刊行等を支援する。

2)施設・設備等整備
中長期の校舎等建替計画に基づき、学生の学修や課外活動並びに教員の教育・研究・社会貢献活動を推進するために、安全で質の高い施設・設備の維持管理を行う。更に利便性、衛生面にも充分配慮し、教室、教員研究室をはじめ、学生の部活動のための部室や競技場に至るまで、利用者にとってやさしい、快適な環境整備に努める。

3)図書館整備
教育、研究及び学修の支援のために、専門書、学術雑誌等の図書資料を学部構成、学問の動向に留意して体系的に取り揃える。最新の学術情報を効率よく提供するために、データベース、電子ジャーナル、電子ブックの充実、利用者への情報提供サービス、学術情報の公開、国内外の教育研究機関との学術情報相互提供システムを整備する。教育、研究及び学修の多様なニーズに応えるために、情報環境、座席数及び閲覧エリア等の利用環境を整備する。

4)情報環境整備
ICTを活用した授業の支援及び情報教育の実施のために、教育研究システム等を整備する。また、教育、研究、学修及び事務業務のために、ネットワーク等の環境基盤整備及び運用体制を整備する。「広島修道大学情報セキュリティポリシー」に基づく、情報の保全及び管理を行う。

7.社会貢献・社会連携の方針

1)地域社会の発展に貢献できる人材の養成、地域社会への貢献
①学生及び教職員が、地域交流活動に主体的・積極的に参加することを通して、地域社会の発展に貢献できる人材の養成に努める。
②学外の教育研究機関及び企業・団体、地域等と連携・交流を推進し、教育研究活動等の成果を社会のニーズに結び付けて、地域社会の発展と課題解決に貢献する。
③社会に開かれた大学として、「地域連携」「ボランティア活動」「生涯学習」「心身の健康支援・相談」等の事業を通じて、地域社会に貢献する。

2)グローバル人材の養成、国際化の推進
①学生一人ひとりの目的や成長に合わせた、海外留学派遣プログラムを開発・推進する等、知識と実践力を備えたグローバル人材の養成に努める。
②協定校の拡充に努め、地域と世界との架け橋になることができる外国人留学生を積極的に受け入れる等、学内の国際化を推進する。
③外国人留学生や受入れ交換留学生を対象としたインターンシップ、附属中学校・高等学校との連携によるグローバル教育、地域住民との交流等の取り組みを通して、地域活性化や多文化共生理解の促進に貢献する。

8.大学運営・財務に関する方針

グローバル化及び人口減少が進んでいく時代的背景を重視し、学長のリーダーシップのもと広島修道大学の理念、教育目標を具現化すべく、中・長期の事業計画・財政計画を策定し、教職協創による安定的な大学運営に取り組み、健全な財務基盤を保持するとともに、積極的な情報公表によりコンプライアンスの徹底と透明性の向上を図る。