大学広報
University Public Relations

2017作品コンテスト入賞作品

雁木タクシーに乗って

広島市立中広中学校1年  和田 心侑

 皆さんは、「雁木」を知っていますか。雁木とは、原爆ドームの前にあるような、川へと続く階段のことです。この雁木は、広島県に約400個もあり、昔、流通の拠点だった川を使って舟で荷物を運ぶときに使われていました。この階段を雁木と呼ぶのは、雁木を横から見ると、群れになって飛ぶがんに見えるからです。
 時を超えて、今雁木は「雁木タクシー」として利用されています。雁木タクシーとは、雁木で乗り降りする川のタクシーです。雁木タクシーには、三つの魅力があります。
 一つ目は、景色がきれいだということです。雁木タクシーは、春は川をはさんで両側に広がる桜並木を川の中央から見ることができたり、原爆ドームを正面から見られたりすることが特徴です。
 二つ目は、全国的にも珍しいということです。雁木タクシーは、川の幅が広い広島だからこそできるもので、ここでしか味わえ無い気分を味わうことができます。
 三つ目は、雁木タクシーからは、鯉がたくさん見られることです。鯉は、英語でカープといい、鯉の多さに広島人の広島東洋カープ愛を感じることができると思います。
 私は、この雁木タクシーの魅力をもっと世界中にアピールしたら良いと思います。なぜなら、世界中にアピールすると、雁木タクシーに乗ってみたい、雁木って何だろう、と思った世界中の人々が広島へ訪れてくれると思うからです。そして、私は訪れてくれた世界中の人々に、広島の原爆や平和に関する一面だけでは無く、他の面も見て欲しいな、と思います。
 では、他の面とは、具体的にどのようなことなのでしょうか。私は四つの面に注目したいと思います。
 一つ目は、川に特徴があることです。広島の川は、川には稀な干潮と満潮がある川です。そのため、干潮のときと満潮のときの違いを観察したり、干潮のときは干潟でカニなどの生物を見たりと何種類もの楽しみ方ができます。
 二つ目は、水の都だということです。広島は、中国山地の冠山を源流とする六つの川があり、水に囲まれた自然豊かな「水の都」です。
 三つ目は、川からの景色がとても良いことです。雁木タクシーは、四季や時間ごとに様々な景色を見ることができ、その瞬間にしか見ることのできない景色を味わうことができます。
 四つ目は、「さぎ島」と呼ばれる、さぎが集まる中洲があることです。この中洲には、たくさんのさぎが集まり、都会の中にあるその風景に、心の安らぎや広島の、都会と自然、人間と動物や植物の共存を感じることができます。
私は、広島の雁木を利用した「雁木タクシー」や水の都ならではの都会と自然、人間と動物、植物の共存の風景を外国の人々に見て、知って、体験してもらうことで、自然を大切にしよう、という思いや地球は人間だけのものでは無い、という考えを持ってもらえたら良いな、と思います。そして、広島がもっとにぎわって活気のある街になって欲しいです。