大学広報
University Public Relations

2017作品コンテスト入賞作品

ガイドでつながる宮島と世界

廿日市市立宮島中学校3年  福田 春香

 私が住んでいるまちは、宮島です。みんさん、宮島を知っていますか?宮島にある嚴島神社は、世界遺産に登録されており、美しい自然は、日本三景の一つになっています。
 私は、そんな宮島に生まれ、宮島に一つだけある小中一貫校の宮島学園に九年間通っています。私達は、中学二年生の時の冬と今年の春に宮島ボランティアガイドをしました。英語で、外国人に向けて宮島の名所を紹介します。例えば有名な大鳥居や、豊臣秀吉が建てた千畳閣や、嚴島神社などの紹介、説明をしました。事前に英語の原稿をつくり、それを一生懸命覚え、自分の言葉としてスラスラ言えるよう練習を重ねました。
 まず、一回目は、二月にやりました。私は、嚴島神社の担当でした。初めてだったので、ものすごく緊張していました。しかし、勇気をふりしぼって、一組目の方に声をかけました。私は少し早口になってしまいました。それでもしっかりと聞いて下さいました。ガイドが成功したとき、とってもうれしかったし、達成感がありました。それからもどんどんと声をかけました。初めから「No」と言われて、心が折れそうになったこともあったけど、ペアの人と共にがんばりました。
 そして三月と、五月にもガイドをしました。やっていくたびに声をかける回数も増えていき、ガイドを楽しいと感じるようになりました。ガイドを通して、宮島の名所を、外国の方に伝えることができました。それだけでなく、ガイドをした外国の方々から、お礼のメールが何通か届きました。その中には、ペンフレンドにならないかという内容のものもありました。私は、そういうメールが届いたとき、とてもうれしかったです。私達がやったことは決してむだではなかった、宮島のいい物を世界に伝えることができた、と思いました。
 私達のまち、宮島は世界に誇れるまちです。美しい自然に歴史ある建物…。それらの魅力をガイドという形で世界の人々に伝えることができました。そのおかげで、ガイドした方々とのつながりも生まれました。これからもやりとりをしていき、また宮島を訪れてもらいたいです。
 これからもずっと宮島ボランティアガイドを行い、私達のまちをアピールするだけでなく、その後の世界とのつながりも大切にして、もっともっと宮島のよさをたくさんの人に伝えていきたいです。