大学広報
University Public Relations

2017作品コンテスト入賞作品

宮島の魅力をもっと世界に

廿日市市立宮島中学校3年  小倉 涼

 私は、縁あって世界遺産である宮島の中にある学校に通っています。そして、学習の中で宮島にいる事を生かした取り組みを行っています。宮島太鼓を習ったり、昔から伝統の深い宮島踊りを習ったり、伝統的な行事に参加したり、他では味わえない様な素晴らしいものに日々関わっています。そして、ユネスコスクールにも認定されました。
 今回私が紹介したいものは、学校の学習として行っている宮島ガイドです。こちらも、宮島にいるからこそできる特別な事です。この活動は、外国から来られた観光客に、英語でガイドをするというものです。
 宮島には、発信すべき魅力がたくさんあります。世界遺産である嚴島神社やその前に立ちはだかる朱の大鳥居も有名な魅力の一つです。では、「島の形」について知っていますか。宮島の山の連なりをよく見てみると、横たわった女神の様に見えるのです。これが神の島と呼ばれる理由の一つです。このようなロマンチックなエピソードもあるのです。宮島にいる動物で有名なのは野生の鹿です。鹿は普段「ピーピー」「ジージー」ととても可愛らしく鳴きます。しかし時には「キュイーン!」と耳をふさいでしまう程とても大きな声で鳴くことがあります。私もまだ二度しか聞いたことがありません。また、野生の白ダヌキも有名です。白ダヌキを見ることができると、幸せなことがおこると言われています。このように、宮島にはまだまだ魅力がたくさんつまっているのです。
 そんな魅力を、もっと発信しようと私達はガイドを行っています。いろんな人に声をかけ続け、ガイドに応えてくださった観光客は、私達の英語力をとてもほめてくださったり、喜んでくださいました。お礼をくださることもありました。私達は聞いてくれたお礼に学校のメールアドレス付きの手作りブックカバーをプレゼントしています。そして、たくさんの方がメッセージをくださいました。SNSに投稿したいと言ってくれた人や、ペンフレンドにならない?と、とてもうれしいお誘いをくれた人もいました。そこには他国とのちょっとした友好も築くことができます。私は喜んでもらえてうれしい、ガイドをやって良かったと思いました。
 宮島に来てくださった観光客がインスタグラムやツイッター、フェイスブックなどのSNSに宮島の事を載せたら、たくさんの人がそれを見て、もっとたくさんの人が宮島の事を知ってくれます。だから私はガイドをがんばります。私達が日々宮島にいるからこそ知っている事を、私達からみた目線で宮島の魅力を伝えることができます。SNSなどを通じて世界中のもっと多くの観光客が来てくれる様になればいいなと思っています。そして、世界との距離がもっと近くなっていけばいいなと思います。