大学紹介

TOPページ > 大学紹介 > 人文学部教育学科の教育方針(3つのポリシー)

人文学部教育学科の教育方針(3つのポリシー)

I. 学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

1.確かな思考
「人間の発達と形成」について深さと広がりのある知識と教養を獲得するとともに、それらを再構成し発信するための教育学的リテラシーを修得し、自ら主体的に学びを作り出すことができるようになること。

2.広がる経験
多様な教育実践の機会に積極的に参画し、「人間の発達と形成」について得た考え方や知識・技能を他者との協創のもとで活用していくことができるようになること。

3.開かれた心
「人間の発達と形成」をめぐる諸問題に対して、他者への敬意を払いつつ、幅広い教育学的教養と教育実践力をもって当事者として向き合っていく態度を寛容できるようになること。
 

II. 教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)

1.基礎から発展
初年次から卒業年次まで少人数教育を実施し、「人間の発達と形成」に関する教育学的リテラシーの形成を図ります。誕生から成熟と死に至る時間的連なりと家庭・学校・社会に関わる空間的広がりにおいて理解する視点から、主専攻科目を段階的に開設します。また,学士課程における学修成果の集大成として卒業研究を必修とします。

2.視野の拡大
「人間の発達と形成」に関して、誕生から成熟と死に至る時間的連なりと家庭・学校・社会に関わる空間的広がりにおいて理解できるよう、学際的・総合的視点から主専攻科目を開設します。

3.経験の拡充
「人間の発達と形成」に関する生きた学びの機会として、地域社会における多様な教育実践の機会を提供します。
 

III. 学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)※2018年度入学生用

1.入学者に求める能力
 教育学科の教育目的を理解し、「人間の発達と形成」について学ぶ意欲と学力を有する人を広く受け入れます。それ故、学士課程教育を受けるに必要な基礎的な知識・技能とともに、入学後の学修において必要な思考の柔軟性、判断力、表現力を持ち、主体的に多様な人々と協創して学ぶことのできる人を求めます。さらには、教育学科での学びの成果を生かして将来教育関係分野で活躍することを強く望む人を受け入れます。

2.入学試験制度と評価
⑴一般入学試験では、個別学力検査にもとづく知識及び思考力等の評価に重点を置き、調査書にもとづく主体性等の評価及び資格検定試験等の成績(一部の日程のみ)を加味して総合的に評価します。

⑵大学入試センター試験利用入学試験では、大学入試センター試験にもとづく知識及び思考力等の評価に重点を置き、調査書にもとづく主体性等の評価を加味して総合的に評価します。

⑶一般・センター併用入学試験では、個別学力試験と大学入試センター試験にもとづく知識及び思考力等の評価に重点を置き、調査書にもとづく主体性等の評価を加味して総合的に評価します。

⑷公募推薦入学試験では、志望理由書にもとづいて教育学科で学修することの意義について強い関心を持って入学を希望することを確認します。資料小論文試験では、日本文、英文、資料データを読解・要約・分析し、それを論述していく力を問います。小論文試験の結果、面接での応答内容(出願書類の記載内容も含む)の結果をそれぞれ点数化し、教育学科が入学者に求める能力について総合的に評価します。

⑸指定校推薦入学試験・附属校推薦入学試験では、志望理由書にもとづいて教育学科で学修することの意義について強い関心を持って入学を希望することを確認した上で、学校長からの推薦書、学校調査書にもとづいた面接を行い、教育学科が入学者に求める能力について総合的に評価します。

⑹社会人入学試験では、資料小論文による学力検査、志望動機・理由及び社会人としての状況を記した自己申告書、調査書等の出願書類にもとづいて行う面接試験を通して、教育学科が入学者に求める能力について総合的に評価します。

⑺外国人留学生入学試験では、日本留学試験の成績によって日本語運用能力を評価します。さらに面接試験によって、知識、思考力、主体性及び日本語でのコミュニケーション能力等を評価した上で、総合的に評価します。

⑻編入学試験、学士入学試験では、英語、小論文、面接の試験科目を課して、教育学科第3学年次に修学するために必要な学力等を有しているかを総合的に評価します。

3.教育学科の教育を通じて養成する人材像
 ディプロマ・ポリシーに示された能力を備えた(1)社会の幅広い教育的ニーズに対応できる教育者、(2)個性的・自律的な教育者、(3)他者や環境に配慮できるコミュニケーション能力を備えた教育者、(4)生涯にわたって研究と修養に励むことのできる教育力を備えた教育者を養成します。なお、ここでいう「教育者」とは、保育所、幼稚園、小学校をはじめとした学校教員及び家庭、職場、地域社会にあって教育的な責任を果たす社会人のことを指しています。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について