大学紹介

TOPページ > 大学紹介 > 広島修道大学の教育方針(3つのポリシー)

広島修道大学の教育方針(3つのポリシー)

広島修道大学は、広島藩の講学所を淵源とする修道学園が設置する大学であり、「道を修める」という建学の精神に基づき、「地球的視野を持って、地域社会の発展に貢献できる人材の養成」を理念、教育目標として掲げています。
本学の「修道」という名は、中国の古典『中庸』の「道を修めるこれを教えという」に由来します。この一節の「修める」とは「整える」という意味であり、「道を修める」とは「学びの道を整える」営みとして理解し、この主旨を踏まえ、本学としての教育力を「修道力」として位置づけます。
本学は、グローバル化及び人口減少が進んでいく時代的背景を重視し、地域社会と連携しながら、この目標を実現できるように努めます。

I. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

広島修道大学は、学生一人ひとりが「地球的視野を持って、地域社会の発展に貢献できる人材」となることができるよう、以下の3点を学士課程教育において身につけるべき学士力として明示します。

1.知識と技能
講義、ゼミナールなどでの読む・聴く・書く・話すことの反復をとおして、各学問分野の知識を収集・整理・理解し、分析・表現することができるようになること。

2.思考力・判断力・表現力
修得した知識と技能をもって、自ら課題を発見し、課題の解決に取り組み、その成果を表現するために必要な思考力・判断力・表現力等の能力を持つようになること。

3.多様な人々との協創
グローバル化及び人口減少が進んでいくわが国において、主体性をもって多様な人々と協創して学びあう態度を養うこと。

II. 教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)

広島修道大学は、学生一人ひとりが円滑に大学での学修を開始し、学士課程をとおして深い学識を身につけ、「地球的視野を持って地域社会の発展に貢献できる人材」となることができるよう、以下の3点を教育課程の編成方針として明示します。

1.基礎から発展へ
学士課程教育に必要な基礎的な知識や技能を身につけるために、初年次教育科目を置きます。高度な知識や技能を修得するために、各学問分野の主専攻科目を体系的に開設し、主体的な学修を促し、グローバル化や情報化の進展にも対応した教育プログラムを設けます。

2.視野の拡大
豊かな人間性を培い、思考力・判断力・表現力を養うために全学共通教育科目を開設し、他の学部・学科・専攻の主専攻分野を専門的に学ぶことのできる副専攻制度を設けます。

3.経験の拡充
実社会・地域社会や主体性をもって多様な人々との協創を学ぶために、課題解決型実習科目・キャリア教育科目を設け、多様な価値観や異文化を理解するためにグローバル教育科目及び留学制度を充実させます。

III. 学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)※2018年度入学生用

広島修道大学は、「地球的視野を持って地域社会の発展に貢献できる人材」となることができる可能性を持った人を受け入れるため、以下の3点を学生受け入れの方針として明示します。

1.入学者に求める能力
 世界、日本及び地域社会に関心を持つ人、商業、経営、経済、情報、文化、言語、社会、教育、心理、健康、法律、国際政治、環境、地域行政等に関心を持つ人、スポーツ・文化活動・ボランティア活動に取り組む人、多様な人々と協創して課題を解決しようとする人を広く国内外から求めます。

2.入学試験制度と評価
 本学の各学科・専攻で学ぶために必要な知識・技能、思考力・判断力・表現力を見るために、(1)一般入学試験、(2)大学入試センター試験利用入学試験、(3)一般・センター併用入学試験を実施します。上記の要素に加え、多様な人々と協創して学ぶ態度を見るために(4)AOインターアクション入学試験、(5)公募推薦入学試験、(6)指定校推薦入学試験・附属校推薦入学試験、(7)社会人入学試験、(8)帰国生入学試験、(9)外国人留学生入学試験、(10)編入学試験、学士入学試験などの入学試験を実施します。
 合格判定にあたっては、大学入試センター試験、個別学力検査、調査書、面接、出願書類等を組み合わせて多面的・総合的に評価します。

3.本学の教育を通じて養う能力
 本学の教育目標を実現するために必要な知識と技能を習得し、課題発見・課題解決に取り組み、その成果を表現するために必要な思考力・判断力・表現力を持ち、多様な人々と協創して学びあう能力を身に付けた学生を育成します。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について