大学紹介

TOPページ > 大学紹介 > 人文科学研究科社会学専攻の教育方針(3つのポリシー)

人文科学研究科社会学専攻の教育方針(3つのポリシー)

人文科学研究科社会学専攻は、社会学の専攻分野における学術の理論および応用を教授研究し、高度の学識と専門能力を備えた人材を養成することを目的とする。この目的を達成するため、次の3つの方針を定めて教育活動を進めます。

I. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

人文科学研究科社会学専攻は、博士前期課程において以下の学位授与方針にもとづき、修了に必要な単位を修得し、修士論文または課題研究報告書の審査および最終試験に合格した場合に、修士(社会学)の学位を与えます。

  1. 現代社会に生起している諸問題・諸現象を理解するための専門的な知識を修得しそれを実践する能力を備える。

  2. 現代社会に対応する社会学的応用力を身につけ,社会の様々な分野で活躍する能力を有する。

II. 教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)

人文科学研究科社会学専攻は、学位授与方針を実現するため、教育課程の編成方針を以下の通り定めます。

  1. 社会学に関する各分野(国際社会学、コミュニケーション論、社会問題論、現代社会論、性現象論、社会意識論)の授業科目を設置するとともに、自由かつ系統的な課題研究を可能とするきめ細かな研究指導体制を構築する。

  2. 上記の各分野のうち、1つを主専攻科目として選択し、その専門分野を担当する教員を指導教員と定め、指導教員が担当する「研究指導」「講義」「演習」を中心に受講することで、研究テーマの設定・遂行等の一貫した指導体制を構築する。

  3. 社会学という学問分野の特殊性に鑑みて、パターン化された履修モデルを設定せず、院生個々人の研究テーマにあわせて、履修すべき講義科目を設定する。

  4. 研究テーマに応じた必要性により、他専攻及び他研究科で開講されている講義科目の履修を可能にする。

III. 学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

人文科学研究科社会学専攻は、大学卒業程度の学力を有し、社会学を学ぶ意欲と資質を持つ人を広く受け入れるため、学生の受け入れ方針を以下の通り定めます。

1.入学者に求める能力
⑴本研究科で学ぶために必要な学力を有し、社会学に深い関心と自主的に学び研究する意欲のある人

⑵自らの研究テーマや問題意識を鮮明に持つと同時に、「自己の社会的目標」を明確に描くことができる人

⑶社会学に関する専門的知識と課題解決能力を身につけ、専門職業人として社会で活躍することを希望する人

⑷複数分野の知識を融合し、複眼的な視点から思考できる能力を身につけ、地域社会の一員として活動することを希望する人

2.入学試験制度と評価
社会学専攻では、下記の入学試験制度ごとに、上記の事項について評価し選抜します。

⑴一般入学試験:個別学力試験に基づく学力評価に重点を置き、研究計画書および面接に基づく研究意欲の評価を加味して、総合的に評価します。

⑵学部生推薦入学試験:本学に在学する卒業見込みの者のうち、出願時に卒業所要単位の4分の3以上の単位を修得し、かつ修得した単位の50%以上がA評価以上であることを出願資格として設け、加えて研究計画書に基づく口述試験を行い、総合的に評価します。

⑶外国人留学生入学試験:個別学力試験に基づく学力の評価に重点を置き、研究計画書を始めとする提出書類及び口述試験に基づく日本語能力と研究意欲の評価を加味し、総合的に評価します。

⑷社会人入学試験:個別学力試験に基づく学力試験の評価に重点を置き、研究計画書を始めとする提出書類および口述試験に基づく研究意欲の評価を加味し、総合的に評価します。

⑸シニア特別入学試験:研究計画書を始めとする提出書類及び口述試験に基づく研究意欲の評価を加味し、総合的に評価します。

3.入学後に涵養する能力
社会学専攻修士課程の入学者に対して、カリキュラム・ポリシーにもとづく教育課程を通じ、ディプロマ・ポリシーに定めるごとく、現代社会に生起している諸問題・諸現象を理解するための専門的な知識を修得しそれを実践する能力を涵養し、現代社会に対応する社会学的応用力を身につけ、社会の様々な分野で活躍する能力を有する人材を養成します。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について