大学紹介

TOPページ > 大学紹介 > 人文科学研究科心理学専攻の教育方針(3つのポリシー)

人文科学研究科心理学専攻の教育方針(3つのポリシー)

人文科学研究科心理学専攻では、人間行動の科学的探求についての教育を通して、専門領域と関連領域についての最新の知見をもつ研究者を養成すると共に、高度な専門知識をもち心理学的発想で現代社会の諸問題を解決できる人材を養成することを目的として掲げています。この目的を達成するために、次の3つの教育方針を定めて教育研究活動を進めていきます。

I. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

[博士前期課程]
人文科学研究科心理学専攻は、博士前期課程において以下の学位授与の方針にもとづき、臨床心理学領域、心理科学領域のいずれかの領域の所定の単位を修得し、修士論文の審査および最終試験に合格した者に対して、修士(心理学)の学位を授与します。

  1. 現代社会における人間のこころと行動に関する諸課題を実証科学的に分析し、客観的・論理的根拠を持って課題の解決をはかることができる能力

  2. 心理学の高度な専門的学問知識に基づき、人間行動の理解を深める実証的研究、あるいは心理臨床の向上に資する実践的研究を遂行することができる能力

  3. 心理学の高度な専門性を要する職業人として、あるいは地域社会や心理臨床現場の要請に対応できる心理臨床職業人として活躍できる資質と能力

[博士後期課程]
人文科学研究科心理学専攻は、博士後期課程においては以下の学位授与方針にもとづき、修了に必要な単位を修得し、博士論文の審査および最終試験に合格した場合に、博士(心理学)の学位を与えます。

  1. 心理学の専門領域および関連領域に関する高度な専門的知識と技能に基づき心理学的視点で現代社会の諸課題を解決できる能力

  2. 心理学の専門領域および関連領域において研究者として独創的な研究を自立して遂行することができる能力

  3. 心理学の専門領域および関連領域に関係した高度な専門性を要する心理専門職業に必要な能力

II. 教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)

[博士前期課程]
人文科学研究科心理学専攻は、本専攻の定める修士の学位授与の方針を実現するために、博士前期課程における教育課程の編成方針を以下の通り定めます。

  1. 基礎心理学と臨床心理学の融合を背景に、基礎心理学と臨床心理学の各専門領域に豊富な授業科目を担保し、心理学全般にわたる専門的知識と技能を習得するとともに実証的かつ実践的な研究を推進できる教育課程を編成する。

  2. 人間のこころと行動に関する諸課題を実証科学的に分析し、客観的・論理的根拠を持って課題を解決するための技量を身につけることを目標として、心理学の各専門領域に関する講義と演習ならびに研究指導などの授業科目を配置する。

  3. 臨床心理学領域においては、心理臨床の現場における実習及び臨床心理相談センターでの研修を通して、心理臨床における実践的な能力を育成する。心理科学領域においては、専門学会での研究発表や学術雑誌への投稿に向けて、実験実習や実験研究においてきめ細やかな指導を行う。

  4. 研究テーマに応じた必要性により、他専攻及び他研究科で開講されている講義科目の履修を可能にする。

[博士後期課程]
人文科学研究科心理学専攻は、本専攻の定める修士の学位授与の方針を実現するために、博士後期過程における教育課程の編成方針を以下の通り定めます。

  1. 心理学の各専門領域に特殊研究指導を開設して研究課題に応じたきめ細やかで一貫した研究指導を行う。

  2. 指導教員以外が担当する心理学特殊研究特講を開設して他分野他領域への関心の幅を広げ学際性を養う。

  3. 複数の教員による論文指導委員会を設置して独創的で優れた博士論文を完成できるよう支援する。

III. 学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

[博士前期課程]
人文科学研究科心理学専攻は、博士前期課程における学生の受け入れ方針を以下の通り定め、広く国内外から学生を受け入れます。

1.入学者に求める能力
(1)人間のこころと行動に深い関心を持ち、主体的に研究活動や実践活動ができる人

(2)心理学に関する基礎的知識と技能を持ち、さらに心理学に関する高度な専門的知識と実践的技能を身につけたい人

(3)高度な専門的職業人として社会に貢献する強い意欲を持つ人

2.入学試験制度と評価
博士前期課程では、下記の入学試験制度ごとに、上記の事項について評価し選抜します。

(1)一般入学試験:個別学力試験に基づく知識及び思考力等の評価に重点を置き、研究計画書および口述試験に基づく研究意欲の評価を加味して、総合的に評価します。

(2)学部生推薦入学試験:本学に在学する卒業見込みの者のうち、出願時に卒業所要単位の4分の3以上の単位を修得し、かつ修得した単位の50%以上がA評価以上であることを出願資格として設け、加えて研究計画書に基づく口述試験を行い、総合的に評価します。

(3)外国人留学生入学試験:個別学力試験に基づく知識及び思考力等の評価に重点を置き、研究計画書をはじめとする提出書類及び口述試験に基づく日本語能力と研究意欲の評価を加味し、総合的に評価します。

(4)社会人入学試験:小論文形式による個別学力試験に基づく知識及び思考力等の評価に重点を置き、研究計画書をはじめとする提出書類及び口述試験に基づく研究意欲の評価を加味し、総合的に評価します。

3.入学後に涵養する能力
心理学専攻博士前期課程の入学者に対して、カリキュラム・ポリシーにもとづく教育課程を通じ、ディプロマ・ポリシーに定めるごとく、現代社会における人間のこころと行動に関する諸課題を実証科学的に分析し、客観的・論理的根拠を持って課題の解決をはかることができる能力を涵養し、心理学の高度な専門性を有する人材を養成します。

[博士後期課程]
人文科学研究科心理学専攻は博士後期課程における学生の受け入れ方針を以下の通り定め、広く国内外から学生を受け入れます。

1.入学者に求める能力
(1)心理学領域および関連領域において、研究者として自立して研究活動を行おうとする人

(2)心理学領域および関連領域において、高度に専門的な業務に従事して実践的研究活動を行おうとする人

2.入学試験制度と評価
博士後期課程では、下記の入学試験制度ごとに、上記の事項について評価し選抜します。
(1)一般入学試験:個別学力試験に基づく知識および思考力等の評価に重点を置き、研究計画書および口述試験に基づく研究意欲の評価を加味して、総合的に評価します。

(2)外国人留学生入学試験:個別学力試験に基づく知識及び思考力等の評価に重点を置き、研究計画書をはじめとする提出書類及び口述試験に基づく日本語能力と研究意欲の評価を加味し、総合的に評価します。

3.入学後に涵養する能力
心理学専攻博士後期課程の入学者に対して、カリキュラム・ポリシーにもとづく教育課程を通じ、ディプロマ・ポリシーに定めるごとく、心理学の専門領域および関連領域に関する高度な専門的知識と技能に基づき心理学的視点で現代社会の諸課題を解決できる能力を涵養し、独創的な研究を自立して遂行することができる研究者や高度な専門性を要する心理専門職業人を養成します。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について