大学紹介

TOPページ > 大学紹介 > 人間環境学部の教育方針(3つのポリシー)

人間環境学部の教育方針(3つのポリシー)

I. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

人間環境学部は、学生が持続可能な社会の構築に資することができるよう、以下の3点を学士課程教育において身につけるべき学士力として明示します。

1.知識・理解力の修得
社会・文化・経済・政治・法律・自然などが複合的に関連する領域において、環境問題を総合的に把握・分析できる広い視野と知識を有するようになること。

2.思考・判断する力の獲得
獲得した広い視野ならびに修得した知識をもって、多様な環境問題の解決策を考察、選択できる論理的思考力・判断力・表現力を有するようになること。また、自分の考え・判断のプロセスを説明するためのコミュニケーション能力を有するようになること。

3.変革していく意欲の涵養
地域社会から地球全体に至る様々な環境的課題を自分自身の問題としてとらえ、持続可能な社会を実現する必要性を自覚し、多様な人々と協働・協創し、その実現化に向けて行動する意欲や意志を有するようになること。

II. 教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)

人間環境学部は、持続可能な社会を実現していくうえで必要な人材である、環境を統合した社会経済システムを目指して社会を牽引する「環境リーダー」、および、自らの生活において環境負荷の少ないライフスタイルを実践する「環境配慮型市民」を養成します。そのため、以下のような方針に基づいて教育課程を編成します。

1.基礎から発展へ
(1)人間と環境の関わりを学ぶために必要な基礎知識、方法論、問題意識、価値観、興味・関心を涵養するために環境リテラシー形成科目およびマインド形成科目を設置します。

(2)地域社会から地球全体に至る様々な環境問題を社会科学的な観点から考察する際に必要な基礎知識を学修するために基礎科目を設置します。

(3)専門的な方法論と知識を体系的に学修するために基幹科目を、知識や技能を統合し、問題解決力と新たな価値へと向かう創造力を育成するためにゼミナール科目を設置します。

2.視野の拡大
(1)環境問題についての思考力・判断力・表現力を身に付けるために、自然科学、人文科学、社会科学などの多様な学問分野を統合した学際的な科目を配置します。

(2)多岐にわたる領域での学びを特色づけるために、環境政策マネジメント系と環境社会系の二つの軸を設置します。

3.経験の拡充
社会人基礎力を育成するとともに、人間と社会の諸々の相互関係を解きほぐし、多様な人々と協働・協創しながら環境について学修するためにキャリア形成科目を設置します。

III. 学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)※2018年度入学生用

1.入学者に求める能力
 人間環境学部では、現代の環境問題について広く関心を持ち、その解決に向けて主体的に学習・行動し、持続可能な社会の構築に資する意欲を持つ人材を広く国内外から受け入れます。
 学部の教育目標を達成するための基礎能力として、高等学校卒業相当の学力(知識・技能、思考力・判断力・表現力)と人間環境学を学ぶ意欲・関心・態度を持っていることを求めます。

2.入学試験制度と評価方法
 人間環境学部は、上記の基礎能力や資質を確かめるために、(1)一般入学試験、(2)大学入試センター試験利用入学試験、(3)一般・センター併用入学試験、(4)AOインターアクション入学試験、(5)公募推薦入学試験、(6)指定校推薦入学試験・附属校推薦入学試験、(7)社会人入学試験、(8)帰国生入学試験、(9)外国人留学生入学試験、(10)編入学試験、学士入学試験を実施します。

⑴一般入学試験では、主に入学後の修学に必要な基礎学力を有している生徒を選抜します。個別学力検査、調査書の内容、および資格・検定試験等の成績を加味して総合的に評価します。

⑵大学入試センター試験利用入学試験では、主に入学後の修学に必要な基礎学力を有している生徒を選抜します。大学入試センター試験の成績と調査書の内容によって総合的に評価します。

⑶一般・センター併用入学試験では、主に入学後の修学に必要な基礎学力を有している生徒を選抜します。一般入学試験の個別学力検査と大学入試センター試験の成績、および調査書の内容によって総合的に評価します。

⑷AOインターアクション入学試験では、本学への入学を強く希望し、高等学校等での正課・課外活動に積極的に取り組み、本学部・学科で学ぶことの意義についてしっかりとした興味・関心を持っている生徒を選抜します。人間環境学部が希望する生徒は、(a)私たちの社会と多様な環境問題の関わりについて地球全体の視点から強い関心を持ち、それらと自分とのつながりをイメージして自ら積極的に行動しようと考えている人、(b)基本的思考力ならびに他者の考えを理解する力、自らの考えを表現する力を有し、これらを高めようと考えている人、です。実施の方式には、レポート方式、プレゼンテーション方式があります。レポートやプレゼンテーションの要約、テーマに関する報告書、プレゼンテーション、面接、調査書の内容等(高等学校での評定平均値を満たす必要があります)を組み合わせて、能力・意欲・適性等を多面的・総合的に評価します。

⑸公募推薦入学試験では、本学への入学を強く希望し、学校長から推薦され、本学部・学科で学ぶことの意義についてしっかりとした興味・関心を持っている生徒を選抜します。人間環境学部が希望する生徒は、高等学校等での正課・課外活動や、地域の組織などにおける社会的活動に積極的または主体的に取り組み、自らを高めようと考えている人です。
実施の方式は、活動実績方式です。活動報告書、面接、高等学校等での活動実績、所有する資格・検定試験の成績、調査書の内容等(高等学校での評定平均値を満たす必要があります)を組み合わせて、能力・意欲・適性等を多面的・総合的に評価します。

⑹指定校推薦入学試験・附属校推薦入学試験では、本学への入学を強く希望し、学校長から推薦され、高等学校等での正課・課外活動に積極的に取り組み、本学部・学科で学ぶことの意義についてしっかりとした興味・関心を持っている生徒を選抜します。
面接、調査書の内容(高等学校での評定平均値を満たす必要があります)、志望理由書等を組み合わせて、能力・意欲・適性等を多面的・総合的に評価します。

⑺社会人入学試験では、主に入学後の修学に必要な基礎学力を有している社会人を選抜します。小論文(資料小論文)、面接、調査書の内容、出願書類等で能力・意欲・適性等を多面的・総合的に評価します。

⑻帰国生入学試験では、主に入学後の修学に必要な基礎学力・意欲・適性等を有している帰国生を選抜します。実施は、AOインターアクション入学試験と同じ方式(レポート方式、プレゼンテーション方式)で行います。

⑼外国人留学生入学試験では、主に入学後の修学に必要な基礎学力を有している外国人留学生を選抜します。小論文(資料小論文)、日本留学試験(日本語)の成績、面接、出願書類等で能力・意欲・適性等を多面的・総合的に評価します。

⑽編入学試験、学士入学試験では、主に第3学年次に修学するために必要な基礎学力を有している編入学生、学士入学生を選抜します。英語、小論文(資料小論文)、面接、出願書類等で能力・意欲・適性等を多面的・総合的に評価します。

3.人間環境学部の教育を通じて養う能力
 人間環境学部は、カリキュラム・ポリシーにもとづく教育課程を通じ、ディプロマ・ポリシーが定めるところの①知識・技能、②思考力・判断力・表現力、③主体的・協働的態度を涵養し、環境を統合した社会経済システムを牽引し、環境負荷の少ないライフスタイルを実践できる「環境人」を養成します。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について