人文学部

TOPページ > 学部・大学院 > 人文学部 人間関係学科社会学専攻 > 演習紹介

人間関係学科社会学専攻

演習紹介

学生の声

海外の先進事例も取り入れ、日本にはない視点も学んでいます。

性現象論演習

LGBTをはじめ、性に関する課題を研究。欧米などの事例を交えながら、さまざまな角度から問題を見る力を養っています。

(永山 樹 4年 広島県立安芸高校出身)






性現象論演習 河口 和也 教授

その他の開講演習

社会意識論演習 狩谷 あゆみ

犯罪社会学演習 狩谷 あゆみ

コミュニティ論演習 河口 和也

性現象論演習 河口 和也

エリア・スタディーズ演習 高田 峰夫

国際地域論演習 高田 峰夫

質的社会調査演習 中根 光敏

現代社会論演習 中根 光敏

社会安全政策論特殊演習 中根 光敏 ほか

カルチュラル・スタディーズ演習 野村 浩也

文化社会学演習 野村 浩也

応用社会学演習 日隈 健壬

的社会調査演習 山里 裕一

卒業論文テーマ例

花・月・雪・星・宙~魅せられて、喜びも悲しみもタカラヅカ♪~
独特のメイクや衣装、キラキラした舞台セットや照明、オーケストラによる生演奏。そして、各組のトップスター。ファンたちを非日常へと誘う宝塚歌劇団の魅力を明らかにした。

やっぱりダメンズが好き~イマドキの恋愛社会学~
次から次へとダメな男を好きになる女性「ダメンズウォーカー」のインタビュー調査をもとに、現代社会で理想とされる恋愛像とダメンズの魅力について分析した。

恋愛しないと人間じゃないの?~無性愛の可視化と強制的恋愛至上主義への懸念~
人は恋愛することが当たり前という規範を、「他人に恋愛感情を抱かない」無性愛という批判的位置から眺めると、恋愛至上主義の現代社会が見えてきた。

誰のための町おこし?~地域活性化を社会学的に考える~
町おこしは、本当に地域を活性化しているのか。特定の人間の利益になるなど、「町おこし」がもたらす弊害を明らかにするとともに、新しい地域活性化の課題を探った。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について