人間関係学科
社会学専攻
Department of Human Relations

人間関係学科社会学専攻の学び

2年次からの複数の専門ゼミナールを履修可能。

複数の教員が開講する専門演習を履修でき、社会学のさまざまな領域と方法を幅広く学習できます。また、2年次生から4年次生までが一緒に学ぶので、学年を超えたディスカッションを通じて理解が深まります。

学びのポイント

  • 複数教員のゼミナールに所属可能
  • 1年次から一貫した体系的カリキュラム
  • 高度情報化社会に対応

教育内容の流れ

1年次
1年次から一貫した
社会学カリキュラム
基礎と専門の両方の科目を学び、4年間の高度な知識の基盤をつくります。
2年次
2年次から専門演習を
複数履修可能
幅広い演習から複数科目を履修。情報処理関連の資格修得もできます。
3年次
各自の研究テーマを
より深める
専門演習・専門科目を学びながら、研究を深め、進路を具体化していきます。
4年次
4年間の集大成
としての論文執筆
「卒業研究・論文」に取り組み、4年間の成果を論文として執筆します。

Pick up Study

中根 光敏 教授

中根 光敏 教授

社会現象を捉えるための理論・方法の基礎を身につける。

現代社会の出来事、社会現象、社会問題を事例に、社会構造の転換期における社会意識や、社会学的な「視角」「方法」「理論」の基礎を修得します。

進路・就職について

それぞれが興味を追求

多様な進路の中から、興味のある業界を選ぶことができます。

進路データ

人間関係学科社会学専攻の進路データ

主な内定先

●エヌ・ティ・ティ・システム開発 ●呉信用金庫 ●信用組合広島商銀 ●損害保険ジャパン日本興亜 ●竹中工務店 ●テンパール工業 ●日本銀行 ●広島県・広島市公立学校 ●広島信用金庫 ●福山市農業協同組合 ●みずほフィナンシャルグループ ●山口フィナンシャルグループ

成長実感メモ

4年間で何を身につけ、どう変化したと思いますか?

小林 遥

日本銀行 就職

小林 遥
2017年3月卒業 広島県立広島高校出身

暮らしに関わるものすべてが学びの対象だったので、社会現象と自分の生活との関連に気づき、興味をもつようになりました。自分が生まれ育った土地について調べて以来、広島と密に関わる仕事がしたいと考えるようになり、社会貢献性の高い業務が多い日本銀行を志望しました。他の金融機関とは業務内容が異なり、求められることも多い職場ですが、4 年間で多くの人と話し、議論をしてきた経験を活かし、相手の発言の意図を汲み取った上で期待に応えていきたいです。

末川 雄志

株式会社ジャクエツ 就職

末川 雄志
2017年3月卒業 広島県立広島皆実出身

社会のさまざまな問題に関して幅広く学ぶことができ、物事を複数の視点で捉え、問題の本質や解決策などを見つける力を培うことができました。また、本学科は研究対象が本当に幅広いので、自分の興味をとことん追求できました。自分の個性を活かしながら、しっかり考え行動に移す。社会人にとって欠かせない力も身につけることができたので、4年間の学びを活かし、社会問題の解決に貢献していけるよう頑張りたいと考えています。

人間関係学科社会学専攻