人文学部

TOPページ > 学部・大学院 > 人文学部 人間関係学科社会学専攻

人間関係学科社会学専攻

特徴

2年次からの複数の専門ゼミナールを履修可能。

複数の教員が開講する専門演習を履修でき、社会学のさまざまな領域と方法を幅広く学習できます。また、2年次生から4年次生までが一緒に学ぶので、学年を超えたディスカッションを通じて理解が深まります。

学びのポイント

● 複数教員のゼミナールに所属可能
● 1年次から一貫した体系的カリキュラム
● 高度情報化社会に対応

教育内容の流れ

1年次
2年次
3年次
4年次
1年次から一貫した
社会学カリキュラム
基礎と専門の両方の科目を学び、4年間の高度な知識の基盤をつくります。
2年次から専門演習を
複数履修可能
幅広い演習から複数科目を履修。情報処理関連の資格修得もできます。
各自の研究テーマを
より深める
専門演習・専門科目を学びながら、研究を深め、進路を具体化していきます。
4年間の集大成としての
論文執筆
「卒業研究・論文」に取り組み、4年間の成果を論文として執筆します。

取得できる資格・免許

● 中学校教諭一種免許状(社会)
● 高等学校教諭一種免許状(地理歴史/公民)
● 社会教育主事となる資格

※資格を取得するためには、1年以上の実務経験が必要です。

進路実績

それぞれが興味を追求

多様な進路の中から、興味のある業界を選ぶことができます。

進路データ

進路実績

  

主な内定先

●エヌ・ティ・ティ・システム開発 ●呉信用金庫 ●信用組合広島商銀 ●損害保険ジャパン日本興亜 ●竹中工務店 ●テンパール工業 ●日本銀行 ●広島県・広島市公立学校 ●広島信用金庫 ●福山市農業協同組合 ●みずほフィナンシャルグループ ●山口フィナンシャルグループ

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について