人間関係学科
社会学専攻
Department of Human Relations

もっと知りたい!人間関係学科社会学専攻

受験生のみなさんへ

人間社会への強烈な関心

社会学とは、人間の営みに対して、強烈な関心を抱くことから始まる学問です。ですから第一に、社会学を学ぼうとする人には、何よりもまず、人間社会に対する好奇心の旺盛さが求められます。なぜなら、他の人たちが、見過ごしてしまうような些細な問題や、当たり前だと思って問題にしないような事柄にも、社会学の重要な研究テーマが潜んでいることは少なくないからです。現在の社会で生起している様々な社会問題から風俗や流行といった社会現象にまで、幅広い好奇心をもって、社会に目配りしていくことが「社会学を学ぶ」ための第一歩だと言っていいでしょう。

積極的なコミュニケーション

第二に、社会を生きている人々とのコミュニケーションを積極的に行っていくことが大切です。他人の意見や行動を理解しようとする姿勢と、自分の意見を他の人々に理解してもらおうという姿勢をもって、自分自身のコミュニケーション能力を高めていく努力を怠らないようにすることが大切です。

パーソナル・ツールをソーシャル・ツールへ

そして第三に、コミュニケーションのためのツール(道具)とそれを使いこなすためのテクノロジー(技術)を身につけていくことが大切です。近年、携帯メディアやパソコンの普及によって、多くの人たちがパーソナル・メディアに精通する社会になってきました。その一方で、コミュニケーションがごく限られたパーソナルな間で完結してしまうことも、社会的な問題として指摘されています。パーソナル・ツールをソーシャル・ツールとして開かれたコミュニケーションに利用できる知識とテクノロジーを身につけるのは、現代社会で学問をしていく上でも大切なことです。どんな素晴らしい考えや意見も、プレゼンテーション能力がなければ、多くの人たちに理解してもらうことはできません。

自分自身の経験を手がかりに

最後に、みなさん自身が、実際に自分で「経験すること」を大切にして下さい。冒頭で言ったように、社会学とは、現実に社会を生きている人びとの経験に関する理解を手がかりとして論理を構成するとともに、その論理にもとづいた社会学的理解を人々が生きている現実の社会的リアリティの前に提示して検証することを絶えず繰り返していく学問です。他の人々の経験をより深く理解するためには、何よりも、自分自身の経験を手がかりとすることが必要なのです。

取得可能な(情報系・簿記含む)資格の件

社会学専攻では、情報系の資格取得に力を入れています。
以下の授業では、社会でバリューのある各資格取得対策を行っています。

試験名

Word文書処理技能認定試験1級
Excel®表計算処理技能認定試験1級

主催

授業科目名

社会学情報処理特殊講義Ⅰ
社会学情報処理特殊講義Ⅳ

認定基準

試験名 Word文書処理
技能認定試験1級
Excel®表計算処理
技能認定試験1級
授業科目 社会学情報処理特殊講義Ⅰ 社会学情報処理特殊講義Ⅳ
認定基準 Microsoft Wordを用いて,高度なビジネス文書処理を行うことができる。
同時にパソコン、表計算(Excel)、ワープロ、ビジネス文書に関する高度な実践的技能を駆使して業務処理を効率化することができる。
Microsoft Excel®を用いてビジネス社会における高度な表計算処理を行うことができる。
同時にパソコン、表計算、ビジネス図表、ビジネス帳票、データベースに関する高度な実践的技能を駆使して業務処理を効率化することができる。

試験時間

知識試験15分 ・ 実技試験90分

合格基準

知識試験と実技試験の合計得点において70%以上の得点率
Word文書処理技能認定試験 ・ Excel®表計算処理技能認定試験は厚生労働省の教育訓練給付制度に指定されています。

試験名

日商PC(文書作成)検定1級

主催

日本商工会議所

授業科目名

社会学情報処理特殊講義Ⅲ

認定基準

必要な情報を入手し、業務の目的に応じた最も適切で説得力のあるビジネス文書、資料等を作成することができる。

試験科目 内容
知識 文書の全ライフサイクル(作成、伝達、保管、保存、廃棄)を考慮し、社内における文書管理方法を提案できる。
文書の効率的な作成、標準化・データベース化に関する知識を身につけている。
ネット社会に対応したデジタル仕事術を理解し、自社の業務に導入・活用できる。
実技 与えられた情報を整理・分析し、状況に応じ企業を代表して(対外的な)ビジネス文書を作成できる。
表現技術を駆使し、説得力のある業務報告、レポート、資料等を作成できる。

試験時間

知識科目(記述式) ・ 実技科目 合わせて90分

合格基準

知識科目、実技科目の2科目とも70点以上

試験名

日商簿記検定3級・日商簿記検定2級

主催

日本商工会議所(各地商工会議所)

授業科目名

社会学情報処理特殊演習Ⅰ ・ 社会学情報処理特殊演習Ⅱ

認定基準

試験名 日商簿記検定2級 日商簿記検定3級
程度・能力 経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。
企業の財務担当者に必須。
高度な商業簿記・工業簿記、(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できる。
ビジネスパーソンに必須の基礎知識。経理・財務担当以外でも、職種にかかわらず評価する企業が多い。
基本的な商業簿記を修得し、経理関連書類の適切な処理や青色申告書類の作成など、実務がある程度できる。

試験科目

商簿記検定2級

試験科目 試験時間 合格基準
商業簿記
工業簿記
(原価計算を含む)
120分 70%以上

日商簿記検定3級

試験科目 試験時間 合格基準
商業簿記 120分 70%以上

試験名

ITパスポート試験(Information Technology Passport Examination)

主催

経済産業省所管
独立行政法人情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター

授業科目名

社会学情報処理Ⅴ

認定基準

ITパスポートは、IT化が進んだ現代社会で活躍するためのパスポートとして、すべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

試験科目 内 容
知識 経営全般(ストラテジ系) 経営戦略、財務、法務など経営全般に関する基本的な考え方、特徴など。
IT管理(マネジメント系) プロジェクトマネジメント、システム開発などIT管理に関する基本的な考え方、特徴など。
IT技術(テクノロジ系) ネットワーク、セキュリティ、データベースなどIT技術に関する基本的な考え方、特徴など。

試験時間

小問形式:100問 120分
 [経営全般(ストラテジ系) 35問程度]
 [IT管理(マネジメント系)20問程度]
 [IT技術(テクノロジ系) 45問程度]

合格基準

情報処理の促進に関する法律に基づき経済産業省が、知識・実技が一定以上の水準であることを認定する国家試験の情報処理技術者資格の一区分。
総合スコア、分野別スコアのすべてが次の基準を満たすこと。
■総合スコア  : 600点以上/1,000点(総合スコアの満点)
■分野別スコア :
  経営全般(ストラテジ系)300点以上/1,000点(分野別スコアの満点)
  IT管理(マネジメント系)300点以上/1,000点(分野別スコアの満点)
  IT技術(テクノロジ系) 300点以上/1,000点(分野別スコアの満点)

人間関係学科社会学専攻