人文学部

TOPページ > 学部・大学院 > 人文学部 英語英文学科 > 2015年度 卒業研究論文優秀賞

英語英文学科

2015年度 卒業研究論文優秀賞

【トピックス 2016/02/15】2015年度 卒業研究論文優秀賞

2015年度卒業生が執筆した卒業研究論文の中から、指導教員の推薦に基づいて優秀論文を選出しました。「卒業研究」は英語英文学科の必修科目で、4年間の学びの集大成となります。選ばれたみなさま、おめでとうございます!


◆石塚ゼミ
永井真奈美さん
「対応する原発話のない字幕‐『となりのトトロ』英語字幕の場合」

【要旨】

映画作品の翻訳字幕を観察すると、訳出に対応する原発話のない場合がある。本研究では、対象作品からこうした特徴を持つ字幕を収集した。分析においては、コミュニケーション論の立場から、字幕翻訳を言語的要素・非言語的要素の双方によって成立する異文化コミュニケーションの一形態と位置付け、これらの訳出表現の情報源・前後の場面との関係・作品における機能を質的に分析したうえで、こうした訳出を日米のアニメリテラシーの差異を克服するための行為として説明した。

【指導教員からのコメント】
翻訳の訳出表現には、原文中に対応表現があるのが通常と思われがちですが、この研究では対応する原発話がないにもかかわらず、訳出表現が現れた例に注目しました。31個の例を見つけたことで、こうした訳出が決して例外的ではないことがわかります。また、この着眼点のおかげで翻訳における非言語的な情報源の役割に集中し、焦点を絞った議論が可能となりました。個別の例の分析、例の分類も丁寧で、基礎理論を踏まえた論証と主張に説得力がありました。



◆大澤ゼミ
永田真理子さん
「海外コメディドラマに見られるユーモアと笑い」

【要旨】

文化の違いが生み出す日本人と外国人の笑いの感覚の差に注目し、英語コメディドラマBig Bang Theoryを題材に分析を行った。井上(1997)の理論、比喩、誇張、皮肉、駄洒落などの言語的な分析、また文化背景との関連、など多角的な分析を行った。

【指導教員からのコメント】
Big Bang Theoryのスクリプトを実際の映像と照らし合わせながら参照し、理論的な背景に基づいた綿密な分析を行った。海外ドラマや映画を題材にした研究を行う際には表面的な分析に留まってしまうことが多いが、笑いやユーモアに関する深い分析が印象に残った。何よりも本人が楽しんで研究している様子がよく伝わってくる研究であった。



◆戸出ゼミ
鬼村育代さん
The learning of the English sound–spelling connection by Japanese EFL students:
From the perspective of learning disorders

【要旨】

This thesis examined difficulties that Japanese learners of English as a foreign language experience in learning the English sound–spelling connection. The problems were discussed on the basis of literature on learning disorders and individual differences in second language acquisition. Drawing on several findings of the relation between foreign language aptitude and native language academic proficiency, the thesis suggests that the problem may arise from difficulties in learning the sound–spelling connections in their native language Japanese.

【指導教員からのコメント】
英語の音声と綴り字の結びつけ学習の困難性を,両言語の書記体系の違いという言語的な議論にとどまらず,言語適性(language aptitude)などの認知的な問題にまで踏み込んで議論しました。外国語学習の適性と母語力との関係性など,大学院レベルの英語文献を読み,問題の根が幼少期の文字学習にまでさかのぼるのではないかという結論を導き出したのは見事です。また,英語での論文執筆も,よく頑張りました。



◆バーズゼミ
山田侑弥くん
Multilingualism in Hiroshima: A linguistic landscape study. The effect of language on shop signs

【要旨】

This thesis surveyed the high street of Hiroshima, documenting the scripts and language used on the shop signs of each store. The research focus was on uncovering the effects of different scripts and language on consumers, with a particular focus on the differing reactions of people to what was termed ‘regular’ and ‘irregular’ uses of English.

【指導教員からのコメント】
This was a very accomplished study, with a range of research methods employed to investigate the topic at hand. A street survey was carried out of all the shop signs on the main shopping street of Hiroshima, this data was analysed and categorized to look for patterns of usage. This was then followed up by a questionnaire investigating people’s reactions to the use of different scripts and types of language. The research was thorough, excellently analysed, and very well presented. It was a pleasure to read and the presentation of the research findings was of publishable quality.



◆針持ゼミ
一二三脩平くん
「関係詞節の連鎖現象:連鎖関係詞節における主節の解釈について」

【要旨】

The position was filled by a man who she thought was thoroughly competent. のような文において,関係代名詞who以下の部分を連鎖関係詞節という。これは学校文法ではしばしばwho was thoroughly competentにshe thoughtが挿入されているとされるものである。これに対して,この研究は1.休止の有無,2.関係代名詞の誤用,3.従属接続詞thatの生起,4.疑問文との類似性の4つの観点から連鎖関係詞節を考察し,she thoughtのような連鎖関係詞節の主節は深層構造のレベルですでに存在していることを実証することによって,she thoughtは挿入されたものではないと結論付けた。

【指導教員からのコメント】
学校文法(≒伝統文法)において「挿入された節」として扱われる連鎖関係詞節の主節について,その構造を学校文法と生成文法の両面から考察し,文献研究に基づく複数の論拠から反証を行う手法は堅実である。ゼミ2年間で勉強したGB理論とMinimalist Programに加えて自主的に勉強した初期理論・標準理論からの考察と,指導教員の手をほとんど煩わすことのなかった論証の書き直し作業,英文サマリの執筆も見事であった



◆ロナルドゼミ
桂彩子さん
Public transportation announcements in Japan and overseas: Informing, interrupting and thanking

【要旨】

With increasing numbers of tourists to Japan from other countries, announcements on Japanese trains, buses and planes are often given in English as well as Japanese. This thesis investigates the language of these English announcements, and identifies differences between the two languages, and between announcements in English in Japan and overseas.

【指導教員からのコメント】
This thesis stood out from among many good theses this year both for its clear focus and for its broad relevance to users of Japanese and English in the service sector. The research method of collecting and analysing three kinds of real data together with the original findings about the pragmatic use of language makes it worthy of attention.

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について