人文学部

TOPページ > 学部・大学院 > 人文学部 英語英文学科 > 海外留学

英語英文学科

海外留学

広島修道大学は13ヶ国・地域の30大学と協定を結んでおり、英語英文学科からは、毎年、多くの学生が海外留学で学んでいます。
広島修道大学には、交換留学 (11ヶ国・地域18大学)、短・中・長期の海外セミナー (6ヶ国11大学14プログラム) 、認定留学といった充実した留学制度があり、派遣先も英語圏のほか、中国、韓国等、実に多彩です。さらに、留学を経済面から支援する国際交流スカラシップ制度も設けています。
一口に留学といっても、様々な形態があり、どこで何をどんなふうに学ぶのかは大きな問題です。英語英文学科の学生は、ひとりひとりが自分にぴったりの留学プログラムを選択し、在学中に地球規模の夢を実現しています。

留学体験者 ロングインタビュー

英語英文学科 2015年卒業 藤澤 美季さん(広島県立呉三津田高校出身)

在学当時3年生の夏から約8ヶ月間、カナダの大学・UNBCへ交換留学生として留学に行っていた藤澤さんに、帰国後どんな事を感じたのか、また、現地での学びや生活の様子、留学をしようと思ったきっかけなどについて、インタビューしました。
留学に興味のあるみなさん、ぜひ参考にしてみてくださいね。


留学先:UNBC(University of Northern British Columbia)・カナダ
留学期間:2013年8月29日~2014年5月2日

Q.留学をしようと思ったきっかけは何ですか?

修大に入学前から留学をしたいと思っていたのですが、そのきっかけは中学生のときまで遡ります。
中学2年生のとき、私の出身市がオーストラリアにある姉妹都市ウーロンディリー市のピクトン高校へ訪問するための海外派遣団を募集していて、友達に誘われる形で参加しました。費用も市がほぼ負担してくれるということで、軽い気持ちで参加したのですが、英語が使えずに辞書に頼ってばかりで、日本語だけでは知り合いになれる人たちが限られ、とても悔しい思いをしました。
一方、オーストラリアの雄大な自然は、日本しか知らない私にとってとても新鮮でした。このことがきっかけで、“いつか長期留学をしたい”、“その時はきっと辞書を使わずにコミュニケーションを取りたい”という目標を持ちました。
修大を選んだ理由は、近隣の大学の中でも海外協定校数が多かったこと、それから留学へ行っても留年せずに卒業することも可能ということでした。そして、英語の力を身につけられる英語英文学科を志望しました。

Q2.留学に行って発見したこと、学んだことは何ですか?

生活面で多くの発見がありました。大学の敷地内にある留学生寮に滞在していたのですが、サウジアラビア、韓国、中国、北欧・ヨーロッパ圏出身の方など世界中から集まっていたので、入浴の習慣、キッチンの使い方、部屋での過ごし方、週末の過ごし方など、いろいろなところで異文化に触れ、発見がありました。
日本ではあまり見ないベジタリアンの方専用のメニューが、飲食店だけではなくホームパーティーのような場でも普通に用意されていることにも驚きました。留学をしたことで、いろいろな国の文化を一度に知ることができました。

Q.留学先では、どのような勉強をしましたか?

予想はしていましたが、英語だけの授業はかなり辛かったです。毎日、予習をしておかないと授業で何をしているのか、先生が何の説明をされているのか、ほとんど理解することができませんでした。一日何時間もかけて予習・復習をしましたし、これまでで一番勉強していたと思います。
前期が3ヶ月間、後期が4ヶ月間あり、合わせて6科目を履修しました。英語では、1.映画の分析、2.作文やエッセイの書き方の基礎、3.文学の読解と劇や詩の分析、の3つの専攻がありました。このほか、4.世界史、5.心理学、6.国際学(日本について)の科目がありました。
授業は、もちろん各国からの留学生が一緒になって受けます。授業に取り組む際の周りの姿勢からも、刺激を受けました。

Q.特に英語の力をつけるのに役立った授業はありますか?

「文学の読解と劇や詩の分析」と「世界史」の授業です。文学の方では、毎回、作家や作品などテーマを変えて読み解きや分析を行い、グループに分かれてディスカッションを行います。他国の留学生は発言も活発で、英語もどんどん出てきます。黙っていても発言を求められ、意見を聞かれます。見出しや、要約の理解では足りず、きちんと内容を理解していないと何を話しているかついていけないほどでした。
世界史でも、グループに分かれてするワークがありました。課題がちょっと変わっていて、歴史上の人物について調べ、今も生きていると仮定してインタビューをしてまとめる、というものでした。私たちは、アッシジ(イタリア)のキアラという人について調べ、ニュースキャスターがインタビューをしたという設定にしました。質問を設け、それに対する答えとして、私たちがその人物について調べたことを当てはめました。「○○の時はどうでしたか?」「幼少期のエピソードは?」など、歴史について学ぶこともできるし、英語の単語力や文章力もつく、とても良い授業でした。

Q.授業以外の活動として何に取り組みましたか?

主に、ボランティアと日本語授業のアシスタントを行いました。
ボランティアでは、ある病気の方のために募金を行う活動をしました。日本で募金と聞くと、街頭で箱を持って立って「募金をお願いします」と呼びかけるのですが、カナダでは、寄付をいただく代わりに例えば車を洗ったり、靴を磨いたりします。難しいことではなくても、何か相手に貢献をすることで寄付をいただくので、お互いに「してあげた・してもらった」という感覚が少なく済むように思いました。
日本語授業のアシスタントでは、カナダで日本語を学ぶ学生たちの授業進度を確認するボランティアをしていました。日本語の授業のあとでキャッチアップというフォローの時間があります。そこで、ゲームをして、どこが理解できていないか、どの辺りまで日本語の理解が進んでいるのかを一人ひとり確認し、先生へ報告します。先生は、その報告を受けて、次の授業でどの学生にどのように教えたらよいかを考えます。
英語を学ぶ事は、将来的に見ても世界的に見ても役立つことが多く、必要性を感じますが、海外の人にとって日本語はできなくても困らない言語だと思います。それでも、日本語に興味を持って学ぼうとしてくださっていることをとても嬉しく感じました。

Q.留学を終えての感想をお願いします。

これまで、やってみたいことがあっても、「まぁいっか」と後回しにしたり、そのまま諦めてしまうことが多かったのですが、留学へ行って、自分でやろうと決めて行動することの大切さがわかりました。カナダでできた友達からスキーやホームパーティーなど「〇〇ってやったことある?」と聞かれることがたくさんありましたが、ほとんど「Never(一度もない)」と答えていました。留学をしなかったら、すべてNeverのままだったと思います。やってみて初めて分かるということ、知ることの楽しさを覚えました。
ロサンゼルスからの留学生ととても仲良くなり、クリスマスシーズンにロサンゼルスの実家に3週間も泊まらせていただき、一緒に過ごし、あちこちへ遊びに行ったのも良い思い出です。これからも交流を続けていきたいと思っています。
留学に興味のある方がいたら、ぜひ挑戦してみてほしいと思います。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について