健康栄養学科
Department of Health Nutrition

もっと知りたい!健康栄養学科

管理栄養士も栄養士も「栄養士法」によって規定された資格であり、一言でいえば、どちらの資格も「栄養の指導」が使命とされています。しかし、栄養士法によると、栄養士の使命は、「栄養士の名称を用いて栄養の指導に従事する」とされているのに対して、管理栄養士の場合は、「管理栄養士の名称を用いて、傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導、個人の身体の状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導並びに特定多数人に対して継続的に食事を供給する施設における利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等に応じた特別の配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する栄養改善上必要な指導等を行う」とさらに細かく踏み込んで規定されています。
これを言い換えると、管理栄養士は、厚生労働大臣の免許を受けた国家資格であり、専門的な知識と技術を持って病気を患っている方や高齢で食事がとりづらくなっている方、健康な方など一人ひとりの状態に合わせて栄養指導や栄養管理を行います。一方、栄養士は都道府県知事の免許を受けた資格であり、主に健康な方を対象にして栄養指導や給食業務の運営を行います。

健康科学部健康栄養学科Facebookページ

健康科学部健康栄養学科のFacebookページでは、授業や実習の様子、最新情報などを掲載していきます。
いいね!のクリック、コメントをお待ちしています。

管理栄養士・栄養士免許の取得までの流れ

管理栄養士・栄養士免許の取得までの流れは,養成施設の種類によって異なります!

管理栄養士・栄養士の免許を取得するための大学・専門学校には、厚生労働省によって認可を受けた“管理栄養士養成施設”と“栄養士養成施設”の2種類があります。
栄養士免許の取得は、管理栄養士養成施設と栄養士養成施設のどちらに入学しても可能です。栄養士法によって規定されたカリキュラム単位を基本として、それぞれの大学・専門学校において「栄養士免許指定科目」として開講された授業単位を修得(広島修道大学健康科学部健康栄養学科ではすべて卒業要件必修です)することで卒業時に栄養士免許が取得できます。
一方、管理栄養士免許を取得するためには、必ず毎年3月初旬に行われる管理栄養士国家試験を受験して合格する必要があります。これは、管理栄養士養成施設も栄養士養成施設も同じです。しかし、管理栄養士国家試験を受験することができるようになる(管理栄養士国家試験受験資格の取得)までの流れには、管理栄養士養成施設と栄養士養成施設で異なります。
管理栄養士養成施設の場合は、栄養士法によって規定された栄養士カリキュラム+αのカリキュラム単位を基本として、それぞれの大学・専門学校において「管理栄養士免許指定科目」として開講された授業単位を修得(広島修道大学健康科学部健康栄養学科では、そのほとんどが卒業要件必修です)できると判断されることで(修得見込み)、卒業する直前に管理栄養士国家試験を受験することが可能です。しかし、栄養士養成施設の場合は、規定された年数(2年制~4年制で異なります)の実務経験を満了した後の3月に受験することが可能となります。したがって、入学から数えて管理栄養士養成施設に比べて2年遅れで管理栄養士国家試験を受験することとなります。この卒業後から受験までの期間に、知識が失われやすいことだけでなく、新しい内容についての情報を入手しにくいことから、管理栄養士養成施設新卒者での平均合格率に比べると、栄養士養成施設の既卒者や1回目の受験で合格しなかった管理栄養士養成施設既卒者での平均合格率は、極端に低くなっています。

入学してから管理栄養士国家試験受験までの流れ(養成施設種別)

  1. ※毎年3月上旬に行われる管理栄養士国家試験を受験し、合格すると3月末に管理栄養士免許の取得ができます。
    管理栄養士国家試験の受験資格は、管理栄養士養成にあっては養成施設修了見込みで、栄養士養成にあっては規定年数の実務経験が満了してからとなります。

健康栄養学科